■プロフィール

ブランド

Author:ブランド
ようこそお越し下さいました。
管理人のブランドと申します☆
あなたも一緒に天の川の流れる速さを体験してみませんか?
星空に近づくお手伝いを
させていただきます♪

Twitter Button from twitbuttons.com

■↓





クリックで救える命がある。

イーココロ!クリック募金

■FC2カウンター

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■星空案内人リンク
■フリーエリア

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--
    第1回 “星空案内人” 資格認定講座
    今日からいよいよ始まりました

    “星空案内人(星のソムリエ)”資格認定講座

    第一回目の講座は兵庫県姫路市にある
    「姫路科学館」
    にて行われました。

    「姫路市」って、
    “姫路城”近辺しか知らなかったので
    こんなに自然豊かな場所があるなんて知らなかった。

    そう言えば昔、
    渡辺 謙、トムクルーズ主演の「ラストサムライ」

    ラスト サムライ 特別版 〈2枚組〉 [DVD]

    の舞台にもなった書寫山圓教寺も姫路市だったなー
    なんて事を思い出しながら
    森と湖にはさまれたクネクネ道を
    10分ほど走ると、
    到着しました「姫路市科学館」☆
    222_100905_091119.jpg
    こちらの科学館にはなんと!
    「世界最大級のドームスクリーン(直径27m)」
    のプラネタリウムが設置されています!!
    ・・・と、
    パンフレットには書かれていますが
    ちょこっと調べてみると
    現在は第4位のようです。
    プラネタリウムのホームページリンクより)
    とは言っても世界で第4位である。
    その上位全てが日本にあるんだからすごい事だ!

    はりま宇宙講座のスタッフの方に案内されて
    エントランスホールへと通されると、
    まず人の多さにびっくり!!
    老若男女総勢50人以上の受講生の方々が
    待っておられました。
    下は小学生くらいでしょうか?
    ご家族と参加されているようでした。
    上は、、、
    もうお仕事から引退されていると思われる、
    60~70代の方も参加されていました。
    後追記:受講資格は中学生以上となっていました。失礼(汗


    数人で、狭い会議室で「お勉強」ってイメージで会場に来てたので
    この大人数&幅広い年代層にはおどろいた。


    ひとり落ち着かずキョロキョロしていると
    スタッフの方がプラネタリウムへ入って行くよう指示をした。
    本日の講義の前半は
    この世界最大級のプラネタリウム(現在4位)を使って講義をするらしい。

    講義の内容は、
    小学校や中学校の授業で習った事の復習と言える内容だ。
    だから、
    星空に興味のある人にとっては(おそらく)知っていて当たり前と言っても
    過言ではないだろう。
    「日周運動」や「年周運動」、
    「星座」や「星の位置を示す方法(赤経・赤緯)」
    等についての説明だから、
    一見すると退屈してしまいそうな内容だ。

    が、
    こんな退屈してしまいそうな内容を
    「プラネタリウム」を使って説明してくれるのだからすごい!!
    一日の星空を“あっ”という間に回転してしまったり
    昼間に見える星空を説明するために“太陽”を消し去ったり!
    時には夜空を“逆回転”してしまったり(笑

    「星を学ぶには星空の下で学ぶのが一番」
    って、誰が言ってたんだっけかな?
    確かに自然を学ぶには机の上で本を開くよりも
    自然の中に飛び込んで肌で感じるのが一番だと、僕は思う。
    星空を学ぶのも星空に直接触れるのが一番だろう。
    しかし
    今回この「プラネタリウム」を使った講義を受けてみて
    考え方が変わってしまった。
    それくらいこの「プラネタリウム」を使った講義はすばらしかった☆

    もちろん
    講師をして下さった解説員さんの
    よく通るイイ声と冗談交じりの講義内容が良かったのは
    言うまでも無い事でしょう♪



    さて、
    後半は科学館4階にある「講義室」へ移動です。


    整然と並べられた机に腰掛け
    講義室前方に先程とは別の講師による、
    OHP(プロジェクター)を使っての講義です。
    OHPを使うため室内は照明を落とされ、
    カーテンも半分閉められた
    薄暗い中で講義は進んでいきます。

    講義内容は、
    やはり小・中学校で習うくらいの内容ですが、
    今度は「歴史」や「数字」がたくさん出てくる
    ちょっと苦手な内容でした(笑

    星座が現在の「88星座」に定められるようになった
    歴史的な流れについての講義に始まり
    星の“明るさ(等級)”“色”について、
    星までの“距離”について。

    その“星までの距離”については、
    単位である
    「km」
    「AU」
    「パーセク」
    「光年」

    について具体的な数字を用いて説明してくださいました。
    本日一番メモを取るのが忙しかった時間帯です。

    天文単位が大きくなるのに伴って
    天体の解説も
    「月」から「惑星」へ、
    「惑星」から「恒星」へ、
    「恒星」から「銀河」へと
    どんどんスケールが広がって行き、
    最後には「ビッグバン(宇宙の始まり)」から「宇宙の地平線(宇宙の果て)」へと到達してしまいます。

    が、
    これだけスケールの大きい話を
    たった1時間の講義でするにはちょっと厳しすぎ(苦笑
    後半が時間に迫られてグダグダになってしまったのは非常にもったいない。

    個人的には
    「ビッグバン」から始まる宇宙開闢(かいびゃく)のドラマチックな部分を
    講義していただきたいと思っているのですが、、、
    プログラムを見る限りそんな講義は予定されてないみたいですね(涙


    次回は9月12日(日)14:00~17:00「加古川市立少年自然の家」
    「望遠鏡のしくみ」
    についてです。

    準備物が結構多いんだよなぁ。。。
     教材費(望遠鏡材料費¥2,000)
     テキスト
     カメラ三脚(お持ちの方)
     木工用ボンド
     輪ゴム2本
     はさみ
     セロハンテープ
     ポケットティッシュ
     筆記用具
     施設利用料(?円)
     受講料(¥500)

    (詳しくは → 2010年度「はりま宇宙講座」日程案


    手先が不器用で心配なんだけど、
    組立望遠鏡作れたら問題ないのかなぁ。。。?


    第2回の講座がとっても楽しみです♪

    星のソムリエ | 20:54:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad

    まとめ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。