■プロフィール

ブランド

Author:ブランド
ようこそお越し下さいました。
管理人のブランドと申します☆
あなたも一緒に天の川の流れる速さを体験してみませんか?
星空に近づくお手伝いを
させていただきます♪

Twitter Button from twitbuttons.com

■↓





クリックで救える命がある。

イーココロ!クリック募金

■FC2カウンター

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■星空案内人リンク
■フリーエリア

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--
    組立天体望遠鏡 2
    「組立天体望遠鏡」より
    約半日遅れでamazonさんから
    本が届きました。

    183_IMG_9744.jpg
    星空案内人になろう! ~夜空が教室。やさしい天文学入門 (知りたい!サイエンス)

    今度受講する
    「星のソムリエ」はりま宇宙講座(星空案内人資格認定講座)
    の、テキストです。
    まだ中身はパラパラと覗いてみた程度なんですけど、
    なかなか内容が濃いー!!
    メソポタミアなんて名前が出てきた時は
    軽くめまいが・・・(笑

    独学じゃなくって
    ちゃんと講師の方が講義してくれるんだから
    きっと心配ないでしょう♪


    と言う訳で、
    昨日の続き。


    早速組み立てに入るんですが、
    他のこの「組立天体望遠鏡」を作ってられる方の
    HPやブログを拝見していると、
    望遠鏡の鏡筒内を“つや消し処理”されている方がおられました。

    “つや消し処理”って言うのは、
    対物レンズから入ってきた光が
    望遠鏡内部の側面に当たって乱反射して
    コントラストを落とす(見え味が悪くなる)のを防ぐために
    つやの無い黒スプレーで内面を塗装する作業の事を言います。

    ちょっと解りにくいですね(笑

    接眼レンズに届く光には
    対物レンズから直接届く光と
    対物レンズから鏡筒内部で乱反射してから届く光があります。

    鏡筒内部で乱反射した光が接眼レンズに入ってくると、
    白くボヤけた見え味になってしまうんです。
    “つや消し処理”をすると
    鏡筒内部の乱反射を防ぎ
    見え味がシャープになって良くなるという訳です。
    黒スプレーで塗装する変わりに“植毛紙”を貼る事もあります。

    さて、
    この望遠鏡はどうでしょうか?
    198_100807_210222.jpg
    接眼筒に「視野絞り」を入れて貼り合わせ、
    鏡筒本体に組み込んだ状態です。
    レンズは対物・接眼共に1枚も入っていません。

    「視野絞り」とは、
    鏡筒内部で起こった乱反射を
    接眼レンズに届くのを防ぐ役割をしてくれる物です。

    接眼側中央から覗いた画像ですが
    かなりいいんじゃないでしょうか?
    鏡筒本体にある「視野絞り」と
    接眼筒に組み込んだ「視野絞り」の2つが
    かなりイイ仕事をしてくれているのがわかります。

    ただ、接眼筒側の視野絞りそのものがちょっと反射しちゃってますね。


    次は、
    接眼側からナナメに覗いてみた画像です。
    199_100808_125034.jpg
    ここまでナナメに覗き込むと、
    鏡筒本体の内壁で派手に反射しているのがわかります。
    が、
    ここまで極端にナナメから覗き込むことも無いでしょうから、
    特につや消し処理の必要性は感じません。

    「ここまで鏡筒内部の性能が良ければ
     つや消し処理も必要ないんじゃないかな?」
    とは思いましたが、
    せっかくなので鏡筒本体の対物レンズに近い部分
    (↑画像で派手に光ってた部分)と
    視野絞り部分だけつや消し処理を施す事にしました。

    まぁ、気分の問題です(笑

    (つや消し処理をするよりも、
     視野絞りにある妙な“スキマ”の方が気になりますが、
     見なかった事にします(笑)


    これでとりあえず下処理終了。
    いよいよレンズを組み込んでいきましょう♪

    機材 | 22:23:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad

    まとめ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。