■プロフィール

ブランド

Author:ブランド
ようこそお越し下さいました。
管理人のブランドと申します☆
あなたも一緒に天の川の流れる速さを体験してみませんか?
星空に近づくお手伝いを
させていただきます♪

Twitter Button from twitbuttons.com

■↓





クリックで救える命がある。

イーココロ!クリック募金

■FC2カウンター

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■星空案内人リンク
■フリーエリア

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--
    太陽観察の注意点
    2012年5月21日の『金環日食』まで
    あと1年を切ったという事で
    国内最大手の天体望遠鏡・双眼鏡メーカーのVixenさんが
    朝日新聞に一面広告を打ったり
    タレントさんデザインの日食グラスが数量限定発売されたりと
    どんどん盛り上がってきています☆

    ツイッターのタイムラインもここ数日は
    金環日食の話題で持ちきり!
    (まぁボクがフォローしてるのが星好きばかりなんで
     当然かもしれませんがw)


    僕自身も楽しみでしょうがないんですが、
    観察対象が『太陽』と言うことで
    ちゃんとした観察方法をしなければ
    重大な怪我を負ってしまう危険があることを
    知っておかなければ楽しく金環日食を観察する事が出来なくなってしまいます。

    そこで、
    簡単に太陽を見るときの注意点を挙げておきます。
    と言っても
    具体的なことは国立天文台のホームページとか見てもらった方が
    解りやすいと思うので
    そちらを参考にしてもらうとして、、、

    太陽を観察する時に注意しなければいけない事として
    まぶしさを軽減させなければいけない
    と言うのは誰でもすぐに思い浮かぶ事だと思います。
    まぶしいものを直接見るのは
    目に悪いとみんな経験的に知っている事だと思います。

    だから、
    まぶしさを軽減させるために
    色の濃い下敷きを使ってみたり
    ススを付けたガラスを使ってみたり
    フィルムの切れ端を使ってみたり
    サングラスをかけてみたり
    etc・・・
    いろんな方法を使って
    まぶしさを軽減して観察を試みようとするのですが、
    これらの方法で太陽を観察するのは絶対に止めてください!!

    太陽の危険性は
    そのまぶしさ(可視光線)の他に
    熱(赤外線)も含まれている事にあります。
    太陽から運ばれてくる熱(赤外線)の危険性は、
    小さい頃に虫眼鏡を使って黒い紙を燃やして遊んだ経験がある人にとって
    十分にご存知だと思います。
    (小学校の授業でも習ったかな?)
    レンズの大きさを大きくすると
    金属を溶かす事だって出来ちゃいます!!


    Solar "Death Ray": Power of 5000 suns!
    (確かこの装置を作った人(動画に出てきた人)は
    この装置が原因で家が火事になっちゃったらしい。)


    上に書いた
    下敷きやサングラスを使った方法では
    まぶしさ(可視光線)は軽減できるのですが、
    波長の長い(周波数の低い)赤外線は全く軽減する事が出来ません!
    最悪の場合目がやけどを負ってしまい
    失明してしまう危険があります!

    自己流の観察は絶対に避けて
    専門家に見せてもらうか
    アドバイスを受けるなどして
    正しい観察を行うようにして下さい。

    近くに専門家がいないなど
    相談できる人がいない場合は
    ちゃんと太陽観察に適した道具が市販されているので
    そちらを購入するのも手だと思います。

    来年の金環日食までまだ時間があるから大丈夫!
    なんて思っていると売り切れちゃうよw

    正しい知識と正しい道具で
    楽しく2012年の金環日食を観察しましょう☆


    AMAZONオリジナル 日食グラス SUNCATCHER-XII
    VIXEN (2011-05-21)
    売り上げランキング: 1102




    星空観察 | 21:56:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad

    まとめ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。