■プロフィール

ブランド

Author:ブランド
ようこそお越し下さいました。
管理人のブランドと申します☆
あなたも一緒に天の川の流れる速さを体験してみませんか?
星空に近づくお手伝いを
させていただきます♪

Twitter Button from twitbuttons.com

■↓





クリックで救える命がある。

イーココロ!クリック募金

■FC2カウンター

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■星空案内人リンク
■フリーエリア

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--
    久しぶりの星撮り
    昨日は朝からずっと曇り空で
    昼過ぎには雨が降り出すようなひどい天気。

    でも、
    天気予報で星空指数を見てみるとなんと5つ星☆
    まぁこの星空指数ってヤツは当たらない事で有名だから
    他の天気予報でチェックしてみるとやっぱり夜から晴れるとの予報。
    連休に入って初めての晴れだし
    この機会を逃すといつ行けるかも解らない。
    特に春先の天気って
    どーもモヤッてるって言うかスッキリしない天気が多いし、
    この先黄砂の影響も出てくるだろうし。

    「行ける時に行っとけ!」
    って事でまだ小雨がぱらつく中、半信半疑のまま
    いつもの星撮りの場所まで出発。


    現地について、
    雨はやんでたけど空一面の分厚い雲。
    「あちゃー、やっぱり無駄足だったかな・・・」
    なんてちょっと後悔しつつ、
    コンビニで買ったカップラーメンとおにぎりを食べながら、
    附近を散歩しながら待っていると
    9時を回ったあたりからチラホラと星が見えてきた。
    ホッと胸をなでおろし
    機材のセッティング開始。

    撮影準備が出来上がった頃には雲ひとつ無い
    いい天気♪になったんだけど・・・やっぱりどうもスッキリしない。
    風も無く、シンチレーションはいいんだけど
    湿度がメチャクチャ高くて透明度がイマイチ!
    ま、さっきまで雨降ってたんだから当たり前か。
    おまけに寒い!
    ジャンパーもって来てて良かったよ。

    ボヤけた星空にカメラを向けて、
    まずはこちらから撮影↓
    544_M51.jpg
    「M51(子持ち銀河)」
    5月1日 22時01分~22時16分撮影
    CANON EOS40D
    ISO 800 300秒 x 4枚
    主鏡  :タカハシ SKY90(口径90mm:焦点距離500mm:F5.6)
    ガイド鏡:BORG45EDⅡ(口径45mm:焦点距離325mm:F7.2)
    アトラクス赤道儀 + MEADE DSI + PHD Guidingで自動追尾
    RAP2:ダーク減算
    PSE9:RAW現像
    SI6  :コンポジット・デジタル現像・トーンカーブ
    DPP :トリミング・縮小

    5分露出じゃまだまだ足りないなぁ・・・
    でもこれ以上露出時間を延ばすとシーイングの悪さの影響で
    星がにじんで肥大するから昨晩はこれくらいまでと判断。
    それよりもコンポジット枚数もっと増やせばよかったなぁ、
    せめて8枚は無いと背景のザラザラ感が取れない。
    ちょうど子午線越え直前だったのでカメラが三脚にぶつかりそうになり
    枚数が稼げなかった。
    南天の撮影だったら子午線越え直前が狙い目なんだけど、
    北天だと三脚の位置も考えないといけないんだね。
    勉強になりました。


    と言うことで
    次は南天狙い。
    が、ここで問題発生!(またかよw)

    ガイド星を探していたんだけどなかなか見付からない。
    MEAD DSIをガイドカメラに使ってたら
    めったにガイド星探しに困らないんだけど、
    (露光時間伸ばせば大概見付かる)
    探せど探せど見付からない。
    「おかしいな・・・」
    と、ふとレンズを見たら夜露でびっしょり!!
    いつも星撮りに来ているこの場所は、
    谷間なんだけど絶えず空気が流れていて
    レンズが曇るなんて事無かったのに。
    撮影鏡のSKY90もよーく見るとわずかに曇ってる。。。

    フードを着けててここまでひどくびしょびしょになったのは初めて。
    ドライヤーじゃ役に立たないと判断して
    (以前ドライヤー使ってヒューズ飛ばしたw)
    あまりしたくなかったけど布でレンズをふきふき。
    撮影鏡は、真冬にしか使わなかったヒーター(電熱線)使って簡単に取れた。
    なんでいつも問題発生するのでしょうか・・・orz


    気を取り直して
    南天側の撮影↓
    545_M104.jpg
    「M104(ソンブレロ銀河)」
    5月1日 23時29分~00時05分撮影
    CANON EOS40D
    ISO 800 300秒 x 8枚
    主鏡  :タカハシ SKY90(口径90mm:焦点距離500mm:F5.6)
    ガイド鏡:BORG45EDⅡ(口径45mm:焦点距離325mm:F7.2)
    アトラクス赤道儀 + MEADE DSI + PHD Guidingで自動追尾
    RAP2:ダーク減算
    PSE9:RAW現像
    SI6  :コンポジット・デジタル現像・トーンカーブ
    DPP :トリミング・縮小

    うん、やっぱり8枚くらいコンポジットしたら
    かなり滑らかになるな。最低でもこれくらいは必要か。
    が、
    かなり星が肥大化してる。
    ピンボケもあるだろうけど
    シーイングの影響+レンズの曇りが原因だろうなぁ。。。


    もっとたくさん撮影したかったけど
    なんだかどんどん星空がぼやけてきた。
    今夜はもう回復する事は無いだろうと判断し、撤収。

    久しぶりの撮影は楽しかった♪
    ガイドもまあまあ決まったし、
    次回はもっとのんびりと撮影したいな。

    天体写真 | 23:08:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad

    まとめ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。