■プロフィール

ブランド

Author:ブランド
ようこそお越し下さいました。
管理人のブランドと申します☆
あなたも一緒に天の川の流れる速さを体験してみませんか?
星空に近づくお手伝いを
させていただきます♪

Twitter Button from twitbuttons.com

■↓





クリックで救える命がある。

イーココロ!クリック募金

■FC2カウンター

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■星空案内人リンク
■フリーエリア

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--
    3月10日 『ISS』を見よう
    そう言えば
    今月の星空案内ってまだしてませんでしたね。

    だって・・・
    面白そうな天文現象が無いんですもん(涙

    いやいや、
    せっかく『星空“準”案内人』になったんだから
    何も面白そうな天文現象が無い時に「星空の魅力」を伝えてられてこそ
    ホンモノの星空案内人でしょう!!


    と言うわけで、
    3月10日に見られる
    ISS(国際宇宙ステーション)の紹介です。

    先日ISSは、
    最後のミッションを迎えた
    アメリカの「スペースシャトル・ディスカバリー号」
    日本の補給機「こうのとり2号機」
    ロシアの「プログレス補給船(41P)」「ソユーズ宇宙船(24S・25S)」
    ヨーロッパの「ATV補給船2号機ヨハネス・ケプラー(ATV2)」と、
    過去最多となる5種6機の宇宙機が結合しました。

    520_iss_config_l.jpg


    そんなISSが太陽の正面を横切る姿を観測できるという事で
    (ISS太陽面通過)
    天文ファン達がその集結したISSの姿を捉えようと
    写真や動画の撮影に挑戦しました。

    明石市立天文科学館、井上毅さんのブログ
    「とほり天文台ブログ」
    姫路科学館、小関高明さん撮影の動画(神戸新聞の記事)
    http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0003847248.shtml

    実はこの日、
    ボクもISS太陽面通過を写真に収めようと挑戦したのですが・・・
    あえなく惨敗(涙
    連射で撮影していたら通過直前2秒前に(!?)バッファが
    容量オーバーになってしまいカメラがストップ。
    悔しすぎてブログのネタにする気にもなれませんでした。。。


    そんな話題豊富なISS国際宇宙ステーションを
    肉眼で観測するチャンスが3月10日に訪れます。
    そう、
    望遠鏡も双眼鏡も必要ありません。
    肉眼でISSをみるチャンスがやってくるのです!!
    意外と知られていないようなんですが、
    ISSはかなり明るく(今回の予想等級は-4等台)、
    しかもずいぶんゆっくり飛んでいるように見えるので
    肉眼でも簡単に見つけることが出来ます。
    (実際には地上約350キロメートルの地球周回軌道上を1周約90分、
     時速約28000キロメートルで周回しています)


    「簡単に」と言いましたが、
    本当はちょっとした準備が必要です。
    事前に何時にどの方向から飛んでくるのか
    がわかっていなければ見ることが出来ません。

    こちらのJAXAのホームページにアクセスすると
    自分の住んでいる地域で
    いつごろISSが見られるかが解るようになっています。

    521_Image1.jpg(JAXA)
    例えばボクの住む西宮市だと、
    3月10日の19時01分頃にほぼ頭上を通過する事がわかります。

    次に、
    最寄の地域名(ボクだったら『大阪』)をクリックすると、
    見え始めの時刻・方角
    最大仰角の時刻・方角
    見え終りの時刻・方角

    を知ることが出来ます。

    522_Image2.png(JAXA)

    「方位磁石持ってないから方角なんて解らない(><)」
    なんて人は、
    こちらのサイトで自分の観察する場所の風景とISSの軌道を
    合成して表示してくれるサイトもあります。
    ToriSat

    ISSは時々飛んでいる軌道を変えてしまうので
    予想時刻が大きく変わってしまう事があります。
    出来るだけ直前に時刻と方角を確認するようにすると
    見逃す事がなくなります。
    残念ながらもうスペースシャトル・ディスカバリー号は分離してしまいましたが
    是非このチャンスにISSを観測しましょう♪

    ISS(国際宇宙ステーション) | 23:29:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad

    まとめ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。