■プロフィール

ブランド

Author:ブランド
ようこそお越し下さいました。
管理人のブランドと申します☆
あなたも一緒に天の川の流れる速さを体験してみませんか?
星空に近づくお手伝いを
させていただきます♪

Twitter Button from twitbuttons.com

■↓





クリックで救える命がある。

イーココロ!クリック募金

■FC2カウンター

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■星空案内人リンク
■フリーエリア

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--
    凍っちゃったw
    そう言えば、
    昨年末にアストロアーツ社の
    「ステライメージ6」を購入してから
    まだオリオン大星雲を一度撮影して
    チョコッと画像処理しただけで
    まだ全然使えていません。

    時々月とか太陽とか、
    昨日みたいに地上風景と一緒に星を撮るって事はしたけれど
    ステライメージを使って処理する程のものは撮ってません。

    「それじゃダメじゃん、(ステライメージが)もったいない!」
    と言う訳で
    先週の土曜日
    雪の降り積もる山の中まで
    星の写真を撮りに行って来ました♪


    狙うは春に多く見る事が出来る銀河たち!
    (なぜ春になると銀河が多く見えるかについては、また後日)

    いつもの星見場所に到着すると
    まずは「雪かき」。
    と言っても10センチ程の厚みしかない所なので、
    赤道儀を据えらる広さの分だけ雪をどかして
    機材を設置。

    「しかし寒い。寒すぎる!!」
    ちいさな部品や細かいネジを締めたりしなきゃいけないし、
    ピント合わせする時も微妙な指先の感覚が必要なので
    手袋は撮影開始までははめられない。

    寒さと戦いながら
    なんとか機材を設置して、
    赤道儀の極軸を合わせて撮影準備が整った頃には
    すでに赤道儀の周りうっすらと氷が張り始めてる。(;゚д゚)


    機材の準備も整ったところで
    早速撮影開始♪
    まずはお約束の「オリオン大星雲」☆
    456_IMG_0043.jpg
    「M42(オリオン大星雲)」
    2月5日 22時55分38秒撮影
    CANON EOS40D
    ISO 800 180秒x1
    主鏡  :タカハシ SKY90+フラットナーレデューサー(口径90mm:焦点距離407mm:F4.5)
    ガイド鏡:BORG45EDⅡ(口径45mm:焦点距離325mm:F7.2)
    アトラクス赤道儀 + MEADE DSI + PHD Guidingで自動追尾
    Digital Photo Professional にてRAW現像
    画像処理なし


    ・・・が、
    なんかおかしい。
    オートガイダーが全然落ち着かない。
    今の所何とか使えているが
    パラメーターを一番ゆるい設定にしても
    ガイドエラー頻発。
    時間が経てば経つほど
    状況はどんどん悪化してくる。

    たぶんだけど・・・
    おそらくこの寒さが原因で、
    赤道儀が芯まで凍っちゃったw

    ここまで寒いのは初めての経験w
    望遠鏡のレンズ周りには自作のヒーターを取り付けてあったから
    凍り付いて見えなくなるなんて事にはならなかったけど、
    赤道儀が凍りつくとは思ってなかったから
    対策なんて一切なし!


    とりあえず「豆ドラ」(小型のドライヤー)で赤道儀を温めようとしたら・・・
    今度はバッテリーのヒューズが飛んじゃった!!

    「こんなこともあろうかと!」と、
    涙目になりながらあらかじめ準備しておいた
    予備のヒューズと交換したので
    最悪の事態は回避する事は出来たけれど、
    赤道儀が星を追尾出来ない状態は回避出来なかった。。。


    それでもなんとか
    赤道儀のクランプを緩めて
    強引に何度か上下左右に動かす事で
    何とか60~90秒の追尾は出来るようになったので
    (半分ヤケクソ!)
    予定通り今夜の獲物
    「北斗七星」周りの春の銀河を狙ってみる。

    457_m8182n3077.jpg
    「M81・M82」
    2月6日 0時57分5秒撮影
    ISO 1000 60秒x1


    458_M97・M108
    「M97(ふくろう星雲)・M108」
    2月6日 1時49分13秒撮影
    ISO 1000 120秒x1


    459_M51.jpg
    「M51(子持ち銀河)」
    2月6日 2時42分44秒撮影
    ISO 1600 90秒x1


    460_M101.jpg
    「M101(回転花火銀河)」
    2月6日 3時50分38秒撮影
    ISO 1600 90秒x1

    上4枚共通データ
    CANON EOS40D
    主鏡  :タカハシ SKY90+フラットナーレデューサー(口径90mm:焦点距離407mm:F4.5)
    アトラクス赤道儀で追尾
    Digital Photo Professional にてRAW現像
    画像処理なし



    とりあえず“何か”写ってるの、わかります?

    圧倒的露出不足!
    でも、星を点に写すには
    これくらいの露出が限界だったんです。。。(涙

    撮影データ見てもらってもわかるとおり
    画像処理は一切行っていません。
    撮ったまんまの画像です。

    かなりの不満の残る画像ですが、
    これらを使って
    「ステライメージ6」のお勉強、がんばります!



    ・・・しかし、
    赤道儀の凍結対策なんて聞いた事無いなぁ。
    実際はグリースの劣化とか
    ギアの噛み合わせが悪くなってきたとかが一番の原因なんだろうな。
    もうだいぶ長い事使ってきた事だし
    そろそろオーバーホールお願いした方が
    いいのかもしれないな。

    天体写真 | 22:13:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad

    まとめ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。