■プロフィール

ブランド

Author:ブランド
ようこそお越し下さいました。
管理人のブランドと申します☆
あなたも一緒に天の川の流れる速さを体験してみませんか?
星空に近づくお手伝いを
させていただきます♪

Twitter Button from twitbuttons.com

■↓





クリックで救える命がある。

イーココロ!クリック募金

■FC2カウンター

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■星空案内人リンク
■フリーエリア

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--
    12月の星空
    11月は
    個人的にちょっとバタバタする事が多くって、
    おまけに
    今住んでいる建物が外壁塗装するために建物全体を足場と幕で覆ってしまっていて
    ベランダからも星空が見えなくなっています(涙

    寒さにくじけてしまって
    星見の回数がめっきり減ってしまってますが、
    12月はもう少し星見の回数を増やせるようにしたいな。


    と言う訳で、
    12月の星空案内です☆

    12月 7日 水星と月が大接近

    太陽のすぐ傍を周っている水星は、
    太陽の近くにしか見ることが出来ません。
    だから朝早くの太陽が昇る直前の、空が明るくなる寸前か
    夕方の太陽が沈んだ直後の時間にしか見ることが出来ません。
    太陽から一番離れて見える東方最大離角(夕方)や西方最大離角(朝方)
    の時でさえ、地平線ギリギリの低空でしか見ることが出来ず、
    探しにくい天体のひとつになっています。

    そんな探しにくい水星が12月 2日に東方最大離角を迎え、
    7日に「月」と大接近します。
    月を目印にすると水星が見つけやすくなるので
    水星探しにチャレンジして見ましょう☆


    12月14日 ふたご座流星群が極大日
    今年のしし座流星群がちょうど満月期と重なってしまって
    あまり多くの流星の観測が期待できなかったのに対し、
    12月14日に極大期を迎えるふたご座流星群は、、、
    やっぱり月明かりに邪魔されてしまいます(涙

    1月の「しぶんぎ座流星群」、8月の「ペルセウス座流星群」と並んで
    三大流星群のひとつとして数えられる「ふたご座流星群」は
    毎年1時間に20~30個の流星が観測され、
    流星の数では“外れ年”の無い堅実な出現数を見せています。

    流星数が一番多いとされる時間のピークは14日の20時頃と予想されています。
    が、この時間には南西方向に月が輝き流星観察の邪魔をしちゃいます。

    本格的な流星観察は、
    月が地平線の下に姿を消す 0時過ぎからが良いと思います。
    寒さ対策を十分にしてふたご座流星群の観察に挑戦しましょう☆


    12月23日 こぐま座流星群が極大日
    出現数も少なく、おまけに満月過ぎ(月齢17)の月が邪魔をして
    ほとんど観察する事が難しいと思われます。
    クリスマスのデート中にふと思い出したら夜空を見上げてみてください。
    こぐま座から流れる“流れ星”を見ることが出来たらきっと幸せになれるでしょう♪


    12月21日 皆既月食
    今年2010年最後の“満月”は、
    『皆既月食』で締めくくりです。

    この日の神戸市の月の出時刻は16時47分
    この時刻には月は大きく欠けた状態で地平線から昇ってきます。
    (月の出時刻は月の中心が地平線に一致する時刻です)

    月がまだ地平線の下にいる15時32分に部分食が始まります。
    そして16時47分に大きく欠けた月が地平線から月の出を迎え
    17時17分に食の最大を迎えます。
    19時 1分に部分食を終えいつものまん丸な満月に戻ります。
    上記の時刻は神戸市での予想時刻です。
    その他の都市での予想時刻はこちらから調べてみてください
    国立天文台暦計算室

    この日はいろんな場所で『観望会』が開催されると思いますので
    是非参加して皆既月食を見てくださいね♪



    星空観察 | 21:39:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad

    まとめ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。