■プロフィール

ブランド

Author:ブランド
ようこそお越し下さいました。
管理人のブランドと申します☆
あなたも一緒に天の川の流れる速さを体験してみませんか?
星空に近づくお手伝いを
させていただきます♪

Twitter Button from twitbuttons.com

■↓





クリックで救える命がある。

イーココロ!クリック募金

■FC2カウンター

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■星空案内人リンク
■フリーエリア

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--
    「テラ・ドーム星まつり」  その2
    「テラ・ドーム星まつり」
    メイン会場である野外ステージからほんの百数十メートル離れた
    芝生の広場ではいろんな同好会(?)の方々が来られていました。

    八鹿ぼしを見つけよう会・西脇天文同好会・加古川宇宙科学同好会
    そしてわれらが「はりま宇宙講座」も広場の隅っこにブースを構えていました。
    273_IMG_1142.jpg
    (もし同好会のお名前が抜けていたらゴメンナサイ)

    「はりま宇宙講座」ブースにはパネルの展示と
    パソコンの画面による紹介ビデオの上映、
    あと望遠鏡が1台設置してありました。
    ちょっと見た目さみしかったなw

    それと比べるのは失礼ですが、
    他の同好会の方々のブースの前にはまさに“砲列”!
    10センチ級、20センチ級の大砲がズラリ、
    総計20台以上の天体望遠鏡が並んでいました。
    272_IMG_1144.jpg
    望遠鏡のアップの画像はありません(><;)

    同好会の方だけではなく
    個人で参戦されて方も多く、
    先月京都府南丹市るり渓で行われた
    「星をもとめて」
    という星まつりの会場に来られていた方の顔もちらほらと見えました。

    しかし、
    よ~く見ると皆さんの胸元には見覚えのあるネームプレートが。
    今回参加された同好会、個人の方の多くがボクの先輩方にあたる
    『星のソムリエ』や『準案内人』の方々。
    「はりま宇宙講座」のその影響力に驚かされました。
    (ブースは寂しかったのにw)



    さてさて、
    その頃ボクは何をしていたかと言うと、
    皆さんの望遠鏡を見せて頂いたり
    諸先輩方とおしゃべりしたり
    野外ステージ行ったり焼きそば食べたりw
    肝心の“実技試験”しなきゃいけないところなんだけど
    残念な事にイベント開始の頃には空一面の雲(涙
    「これじゃぁ試験は無理ですね」
    と一言告げられて。

    それでもチラチラと見え隠れする月を眺めながら
    講座の先輩とおしゃべりしている間に
    自分の望遠鏡も設置したくなっちゃったw

    と言うワケで最初に設置した機材がこちら↓
    「会場内で『最小』の望遠鏡を目指せ!!」
    というコンセプトでこの機材を準備しましたw
    275_IMG_1165.jpg

    トミーテック BORG
    【ペンシルボーグ25】
    口径25ミリ 焦点距離175ミリ

    25ミリの接眼レンズを付けてもわずか7倍。
    しかし侮る無かれ
    見え味は極めてシャープ!
    ポケットに入れて持ち運べるくらいの大きさで
    使えば使うほど味の出てくる望遠鏡☆
    (会場で写真撮ってなかったので部屋で撮ってます。
     これにあと星の動きを追いかけるアイベルCD-1
     ポータブル赤道儀を設置しました)

    しかしこの会場ではショボすぎるw
    三脚にトンボがとまった程度にしか見えないw
    と言うかちょっと離れると望遠鏡があるのかすらわからない状態。
    なのでこの望遠鏡に接眼レンズの変わりに
    MEADE「DSI」というカメラを取り付けてパソコンの画面から
    月を見れるようにしました。

    これがなかなか良かった♪
    通りすがりの方に興味を持っていただいて
    なかなかの好印象☆
    ちっちゃい望遠鏡だけど設置して良かった♪



    ・・・が、
    ・・・なんか違う。

    そう思ったのは小さな子供達がやってきた時だ。


    人並みが落ち着いてボクも他の人が設置した望遠鏡を覗かせてもらっている時に
    ふと自分の望遠鏡の方を見ると
    小さな子供がカメラの裏側、
    つまり本来接眼レンズがついているべき部分を覗こうとしている姿を目にした。
    そばに寄ってパソコンの画面を見せてあげても
    特に興味を示さない様子。


    あ、そっか。
    みんな『星』を見に来てるんだった。。。



    ・・・続きます

    星空観察 | 11:56:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad

    まとめ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。