■プロフィール

ブランド

Author:ブランド
ようこそお越し下さいました。
管理人のブランドと申します☆
あなたも一緒に天の川の流れる速さを体験してみませんか?
星空に近づくお手伝いを
させていただきます♪

Twitter Button from twitbuttons.com

■↓





クリックで救える命がある。

イーココロ!クリック募金

■FC2カウンター

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■星空案内人リンク
■フリーエリア

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--
    ハートレー彗星(103P) その2
    この連休を利用して
    ハートレー彗星を見に行ってきました☆

    実は家のベランダから何度もハートレイ彗星見ようと探していたんだけど
    どうしても見付けられなかったんです。
    ハートレー彗星の位置はステラナビゲータ9で見当がつくし、
    明るさも予想等級が6等級まで明るくなってるって言うから
    がんばって探してみたんだけどどうしても見付からない。

    で、
    今回波賀町の山の中まで行ってみて
    やーっと確認する事が出来ました♪

    この彗星、
    暗すぎます(涙
    本当に6等級の明るさあったんですかねぇ?
    手持ちの10x50の双眼鏡を使っても
    存在がかすかに確認できるだけ。
    もちろん星のように“点”として見えるんじゃなく
    “星雲”のように淡く広がった『シミ』のようになってるから
    実際より暗く感じるのはわかるけど、
    この“暗さ”と彗星自体の“淡さ”じゃぁ
    ボクの住んでる光害地からじゃとてもじゃないけど見えないです。

    彗星とか星雲・星団ってどうやって等級(明るさ)決めてるんでしょうねぇ?
    今回のハートレー彗星のすぐそばにある
    『二重星団hχ(光度4等)』
    みたいに微光星がたくさん集まって明るく見えるっていうパターンもあるし、
    『アンドロメダ大銀河(光度3.5等)』
    みたいに
    「この範囲にあるシミを1点に集めるとこのくらいの明るさになるんですよ」
    みたいなパターンもあるし。(イメージ伝わります?w)


    と言うわけで、
    今回見てきたハートレー彗星の写真です↓
    SKY90+レデューサ(407mm)
    ISO 1600 180秒x1
    アトラクス赤道儀で自動追尾

    ちょっとだけレベル補正と明るさを補正してあります。
    コンポジットとかダーク補正とかはしてません。
    めんどくさがりなんでw
    データはあるんで気が向いた時にしようかなと。
    (こんな事言う時はいつまで経ってもやらないw)

    彗星のエメラルドグリーンの輝きがとても綺麗☆
    残念ながら肉眼ではこんなふうに色がついて見える訳ではありません。
    ホント見えてる範囲の空間に
    ちょっとした“シミ?”のように見えるだけです。

    でも、
    このちょっとした空間の“シミ”が見えた時はとっても感動的です♪

    これからこの彗星はまだまだ増光中で
    4等級くらいまでなると予想されています。
    『アンドロメダ大銀河』と同じくらいの明るさです。
    と言うことは
    組立望遠鏡やコルキットスピカでも十分狙えそうな明るさですね☆
    (光害地でも組立望遠鏡で『アンドロメダ大銀河』確認できます。
     ウチのベランダからも確認済みです。)


    月の明かりがちょっと心配だけど
    一晩中見えているので
    ぜひ観測にチャレンジしてみましょう☆


    ps
    『ジャコビニ流星群』
    8個くらい確認しました☆

    天体写真 | 12:11:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad

    まとめ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。