■プロフィール

ブランド

Author:ブランド
ようこそお越し下さいました。
管理人のブランドと申します☆
あなたも一緒に天の川の流れる速さを体験してみませんか?
星空に近づくお手伝いを
させていただきます♪

Twitter Button from twitbuttons.com

■↓





クリックで救える命がある。

イーココロ!クリック募金

■FC2カウンター

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■星空案内人リンク
■フリーエリア

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--
    第2回 “星空案内人” 資格認定講座
    昨日、
    「みちびきさん」の打ち上げ見ました?
    いや~すごかったですね☆
    打ち上げの瞬間って、なんだかドキドキしますよね♪
    案の定「ニコニコ生放送」は途中で退場させられちゃったので
    途中からは「YAC(宇宙教育テレビ)」に切り替えてネット放送
    かじりついて見てましたけど
    追い出されて良かったかも♪
    放送が途切れる事もなく視聴できたし
    放送内容も「YAC」の方が断然おもしろかったし☆

    で、
    今日「第2回はりま宇宙講座」に行って
    開始早々講師の方が「みちびきさん」の話題にふれられたんだけど、
    なんと「YAC(宇宙教育テレビ)」に出演していた現地レポーターの
    子供たち5人のうちの一人が「はりま宇宙講座」の卒業生だったとの事。
    放送をご覧になられていた方はすぐにピンと来たかもしれないけど、
    あのブルーの作業スーツを着たちびっ子の一人が
    僕たちの先輩だったとは驚きました!!
    (中学校2年生との事)
    ホントに星のことが好きなんだろうな~☆
    好きな事に一生懸命になれるってすごい事だと思うよ。
    がんばれ☆


    と言う事で、
    本日の講義内容は「望遠鏡のしくみ」について
    「加古川少年自然の家」で行われました。
    こちらの施設も自然の豊かな環境に設置された施設で、
    softbankだと圏外でしたw
    242_100912_125803.jpg

    場所はこちら

    西宮からじゃ遠いなぁ。。。


    講義は
    「望遠鏡のしくみ」
    「望遠鏡の組立」
    「望遠鏡の架台」

    と言う3部構成。

    第1部「望遠鏡のしくみ」では、
    ・望遠鏡が発明されてから現代の望遠鏡に至るまでの歴史
    ・望遠鏡の種類(屈折・反射)
    ・望遠鏡の原理
    ・望遠鏡の役割
    ・望遠鏡の収差
    ・性能と倍率(口径・分解能・有効最高倍率と有効最低倍率の求め方)
    ・望遠鏡の性能を阻害するもの(シーイング・背景光・筒内気流等)
    などなど
    盛りだくさんの内容を繰り返し講義して下さいました。


    そして第2部「望遠鏡の組立」
    何と言っても本日のメインはこの望遠鏡の組立でしょう♪

    配布された教材はオルビイス社製「コルキット スピカ」
    243_IMG_0916.jpg
    写真はもう組み終わった完成品だけど
    講義で配られて時は組立前のバラバラ状態!

    部品点数はそれ程多くないし
    ちゃんと組立説明書は付いているんだけど、、、

    似たような部品ばかりで説明書だけじゃ見分けが付きにくい!
    取付部分がユルかったりキツかったりで
    皆さん結構苦労されてました。
    ちゃんと時間内には作り終えていた様ですが。


    この「コルキット スピカ」の
    もうちょっと詳しい説明。
    244_IMG_0922.jpg
    以前ボクが作った「組立望遠鏡」と並べて置いて見ました。
    ずいぶん長さが違いますね。

    対物レンズの口径はどちらも40mmで同じなんですが、
    焦点距離が 「組立望遠鏡」273mm、「スピカ」420mmと大きく違います。

    接眼レンズ焦点距離が
    「組立望遠鏡」18.2mm(15倍)、「スピカ」12mm(35倍)と、
    こちらも大きく違います。

    どちらもアクロマートレンズ(2枚合わせの色消しレンズ)が使われているので
    色ニジミ(色収差)はほとんど感じません。

    「スピカ」の倍率は、
    講義で習った有効最高倍率
    (口径をmmに換算した数値。40mmなら40倍が有効最高倍率)
    に、ほぼ達しております。

    が、しかしこの「スピカ」という望遠鏡、
    なんと「接眼レンズの交換」が出来ちゃいます。

    接眼レンズの差し込み径(スリーブサイズ)は24.5mmのツァイスサイズ
    なので、市販のツァイスサイズのアイピースを購入すると
    「スピカ」の倍率を自由に変えることが出来ます。
    ピント合わせの“しゅう動部”も長さに余裕があるので
    「天頂プリズム」の取り付けも可能です。

    ウチに焦点距離6mmと20mmのツァイスサイズのアイピースがあるので、
    それを使うとそれぞれ70・35・21倍が揃う事になりました。
    245_IMG_0926.jpg
    70倍はちょっと過剰倍率ですねw
    (もっと性能の良い望遠鏡なら口径の2倍くらいは有効最高倍率でいけるんですが)

    残念ながら今日は曇り空。
    昼間見た景色では「すごく良くできた望遠鏡」と言うイメージです。
    ただ、
    もう少し倍率を抑えた方が見え方も明るくスッキリした
    取り扱いやすい望遠鏡になるんじゃないでしょうか。


    第3部は「望遠鏡の架台」について。
    経緯台式赤道儀式の架台について
    説明されましたが、
    後日「望遠鏡を使ってみよう」という講義があるため、
    それ程深い内容には触れませんでした。


    次回は10月3日(日) 9時30分~12時30分 姫路科学館
    「星座を見つけよう」
    星座早見盤が必要になります。

    またプラネタリウムでの講義になるんですかね?
    楽しみです♪

    星のソムリエ | 22:19:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad

    まとめ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。