■プロフィール

ブランド

Author:ブランド
ようこそお越し下さいました。
管理人のブランドと申します☆
あなたも一緒に天の川の流れる速さを体験してみませんか?
星空に近づくお手伝いを
させていただきます♪

Twitter Button from twitbuttons.com

■↓





クリックで救える命がある。

イーココロ!クリック募金

■FC2カウンター

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■星空案内人リンク
■フリーエリア

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--
    ペンシルボーグ25 その2
    このファインダーよりも小さな望遠鏡、
    なぜ買っちゃったんでしょう?(笑


    口径25mmと言えば
    一般的な双眼鏡よりも対物レンズの径が小さくて集光力が弱いので
    都会の空じゃぁアンドロメダ大銀河もガリレオ衛星もよく見えない(涙

    いくら小さいからと言っても
    有効倍率25倍は手持ちでは使えないし
    分解能も弱いから月を見てもノッペリしてクレーターの細部も良く見えない。


    だけどこの望遠鏡、
    天体写真を撮る時の『ガイド鏡』としては
    なかなかのパフォーマンスを発揮してくれます☆

    かなりシャープな像を結んでくれるし
    口径が小さい分空気の“揺らぎ”の影響も小さくて済む。
    ガイド用のカメラに高感度の『MEADE DSI』使っているので
    ガイド星探しに苦労する事も無い。
    第一、軽さはピカイチで文句なし!!
    300mmくらいのレンズまでなら問題無いんじゃないかな?

    そんな『ガイド鏡』用にカスタマイズしたのがこちら

    280_IMG_1170.jpg
    接眼レンズの方が大きい望遠鏡ってどうなの??(笑

    ビクセンのフリップミラーを使ってガイド星を探しやすくしています。
    詳細は、

    『フリップミラー対物側』
    ペンシルボーグ25【6025】

    ペンシルボーグ用36.4AD【7366】

    M36.4→M57/60AD【7362】

    M57/60延長筒【7601】

    2インチホルダーSS【7501】

    フリップミラー


    『X方向(DSI側)』
    フリップミラー

    M42P0.75→M36.4/42P0.75AD【7423】

    直進ヘリコイド【7315】

    DSI


    『Y方向(接眼レンズ側)』
    フリップミラー

    M42P0.75→M36.4/42P0.75AD【7423】

    接眼ヘリコイド【4317】

    延長筒【4611】

    接眼レンズ


    と言う構成になっています。
    ほとんどの方がチンプンカンプンだと思います(笑

    もっと軽さ、安さを求めるなら
    直進ヘリコイドを使ったこんな構成でも
    ちゃんとガイド鏡として使えます。
    281_IMG_1165.jpg
    ペンシルボーグ25【6025】→直進ヘリコイド【7315】→DSI

    DSIの代わりに一眼デジカメを付けて
    直焦点撮影も出来ます。
    282_IMG_0554.jpg

    拡大撮影アダプターを使って
    拡大撮影も出来ちゃいます。
    283_IMG_0555.jpg

    上記のカスタマイズで実際にどんな写真が撮れるのか
    ブログに掲載したかったけど最近ずっと天気が悪くて撮影できず残念。

    このように色んなパーツを組み合わせる事で
    いろんなカスタマイズが出来ちゃうBORGの望遠鏡。
    でも、
    いろんなパーツを揃えていくといつの間にか
    財布の中身が空っぽになるという真実w

    パーツ代全部足したら
    もっと良い望遠鏡が買えたかも(笑

    スポンサーサイト
    機材 | 23:17:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
    次のページ

    FC2Ad

    まとめ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。