■プロフィール

ブランド

Author:ブランド
ようこそお越し下さいました。
管理人のブランドと申します☆
あなたも一緒に天の川の流れる速さを体験してみませんか?
星空に近づくお手伝いを
させていただきます♪

Twitter Button from twitbuttons.com

■↓





クリックで救える命がある。

イーココロ!クリック募金

■FC2カウンター

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■星空案内人リンク
■フリーエリア

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--
    第1回 天体観望会解説者養成講座
    先日の5月29日、
    京都市東山区にある
    『京都大学大学院理学研究科附属天文台(花山天文台)』にて行われた
    「天体観望会解説者養成講座」に参加してきました。
    717_kazan.jpg

    この講座は
    京都大学大学院理学研究科附属天文台
    NPO法人花山星空ネットワークさんによって運営され、
    「天体観測の経験が無い方にもわかるように、
     天文観測の初歩から講義して、
     望遠鏡や観測装置の原理や仕組み・組み立て・操作方法などの
     実習を行なう講座を開催し、
     天体観望会スタッフとして解説者を養成する」

    と言う旨で開催されています。

    一言で言えば「はりま宇宙講座」みたいなものですw
    でも、
    こちらの講座を受講したからといって
    「星のソムリエ」みたいな資格や大学の単位が授与されるという事はありません。

    講座は全部で5回。
    第1回 「太陽の観測」
    第2回 「土星と太陽の観測」
    第3回 「月の観測」
    第4回 「木星の観測」
    第5回 「太陽と昼間の金星の観測」

    1回あたりの講座が約8時間、
    全ての講座で望遠鏡を用いた実習が行われるという
    かなりハードな内容となっています。
    もちろん星座の話や歴史、文化、天文学的な話など
    はりま宇宙講座で受講した内容はほとんど網羅されています。

    受講生は全部で13名とかなりの少人数!
    年配の方が多く、この中ではボクが最年少でした。
    大学付属の天文台なので学生が多いのかなと思ってたので
    ちょっと意外でした。
    少人数制のため講師がすぐそばにいてくれるため
    疑問点もすぐ質問できかなりイイ雰囲気で講義が進んでいきました。
    そのかわり講義中に指名されまくりw


    先日行われたのはその第1回
    「太陽の観測」です。
    が、
    残念ながらこの日の天気は雨。
    それもただの雨ではなく台風が直撃するという最悪な天気orz...

    午前中は天文台の中にある
    それ程広くは無い一室にて天文の基礎について
    京都大学名誉教授の黒河教授によって行われました。
    星座について・星の位置の表し方・望遠鏡の種類など
    はりま宇宙講座3回分くらいの内容をたった2時間ほどで、
    しかも参加者に中学生とかがいないので遠慮無しの超濃密!
    午前中の講義だけで頭がクラクラしてきましたw

    そして午後からは
    望遠鏡の取り扱いについての実習。
    箱から三脚を取り出すところから始まって
    赤道儀の設置、望遠鏡の取り付け、
    太陽観測のための投影板取り付けまでを実習。
    天気が良ければ実際に太陽を投影して
    スケッチまで行う予定だったけど
    室内での実習のため断念。
    しかし、、、
    実習で使用された赤道儀が全てコンピューター制御の最新式!
    (ビクセンのGP2とSXD)
    微動ハンドル付いてないし、
    こういった講義にコンピューター制御は
    向いてなかったんじゃないでしょうかw

    続いて、、、
    日本国内では太陽スケッチの第一人者!
    三重大学非常勤講師、東亜天文学会太陽課長の鈴木教授による
    太陽の観察についての講義です。

    今まで全然知らなかったんだけど、
    「黒点」の数え方ってちゃんとした決まりがあったんですね。
    「黒点数」と「黒点群の数」は別々に数えてその数を数式に代入し、
    個人個人で決まってる定数をかけた物が「黒点数」となるそうな。
    なんて事言われても良く解らないですよねw
    式に表すと、
    R=K(10g+f)
    R:黒点数
    g:黒点群数
    f:計測された黒点数
    k:個人の経験値・望遠鏡の性能などによって決められた補正係数

    なんだそうな。
    詳しくはこちらを参考にしてください。
    太陽スケッチ観測の方法

    そしてこれだけに留まらず
    黒点位置の表し方、
    つまり太陽の日面経緯度を表して黒点の緯度経度を数値で表すというのを
    理科年表片手に導き出す実習。
    P・B0・L0・チューリッヒ分類図etc・・・
    (書いててまた頭がクラクラしてきたんだけど)


    と、
    まぁこんな事を受講してきました。
    ついて行くのがやっとって感じ。
    でも、
    その道のプロフェッショナルから直接講義を受ける事が出来て
    とっても楽しく充実した一日でした☆

    次回は7月の予定です。
    晴れてくれたらイイな♪

    スポンサーサイト
    星のソムリエ | 22:55:58 | トラックバック(1) | コメント(4)
    “星空案内人” 準案内人認定式
    「星のソムリエ」準案内人の認定式が今日、
    姫路科学館にて行われました。


    この「星のソムリエ資格認定講座」の事を知ったのは、
    ボクが住む西宮市にある大型商業施設
    『阪急西宮ガーデンズ』の屋上で
    星空観望会イベントが行われるという事を偶然見つけ、
    その観望会を主催されているのが
    「星のソムリエ」達だと言う事を知ったのがきっかけでした。
    西宮市で星空観測♪ 2010-07-15 

    「ん、星のソムリエって何だ??」
    って調べてみると、
    どうやら星空案内人資格認定制度というものがあって
    星の事を色々と学ぶともらえる資格である事がわかった。
    学校を卒業してからは趣味の星見については
    本を読むとかネットで調べるしかなかったので
    この講座にとても興味しんしん。

    偶然にも星空案内人資格認定講座(はりま宇宙講座)受講生の募集がされていたので
    早速申し込み、翌月には「西はりま天文台」から封筒が届き
    受講させて頂ける旨の返事を頂きました。
    →「星のソムリエ」 2010-08-05 

    講座は
    兵庫県はりま地方に点在する科学館や天文台を利用して行われます。

    第1回 “星空案内人” 資格認定講座 2010-09-05 
    第2回 “星空案内人” 資格認定講座 2010-09-12 
    第3回 “星空案内人” 資格認定講座 2010-10-03
    第4回 “星空案内人” 資格認定講座 2010-10-21
    第5回 “星空案内人” 資格認定講座 2010-11-09
    第6回 “星空案内人” 資格認定講座 2010-12-12
    第7回 “星空案内人” 資格認定講座 2011-01-17
    第8回 “星空案内人” 資格認定講座 2011-01-22
    “星空案内人” 資格認定講座 最終回 2011-01-24

    もちろん
    講座を受講するだけでなく
    レポートの提出、実技試験も合格しなければいけません。
    そうして無事必要数の単位取得ができたら、
    星空案内人「星のソムリエ」の下位資格である
    “準”案内人になる事が出来るのです。



    そして今日、
    「星空“準”案内人」並びに「星空案内人」の認定式が行われ、
    無事にはりま宇宙講座を修了することが出来ました。

    518_Img_9914.jpg

    519_Img_9917.jpg

    講師の方も言われていましたが、
    資格を取得してからが本当のスタートとなります。
    星空案内人としてどんな出来事が待っているのでしょうか、
    非常に楽しみです♪

    星のソムリエ | 00:24:26 | トラックバック(0) | コメント(2)
    “星空案内人” 資格認定講座 最終回
    昨年の9月5日より受講続けてきた
    「はりま宇宙講座」も、
    先日1月23日の講座をもって
    全てのプログラムが終了しました。

    最後の講座が行われたのは
    「加古川少年自然の家」。
    振り返ってみれば
    こちらの施設での講座が
    一番多かったと思います。
    湖のほとりにある
    環境のとてもすばらしい施設でした。

    そう言えば
    最初にこの施設に訪れた時は
    携帯電話が「圏外」だったと記憶しているんですが、
    昨日行った時はちゃんとアンテナ3本立っていました。
    4ヶ月も経つと色々変わるもんだなぁ。。。


    さて、
    肝心の講座の内容は
    「星空案内の実際」と言うタイトルの講座です。
    16:00から21:00、
    途中に1時間の食事休憩を挟みますが
    これまでで最長の5時間にも及ぶ講座です。

    とは言っても
    その大半の時間は「実習」に使われ、
    座学に使われたのは最初の1時間弱でした。


    座学の内容は「はりま宇宙講座」の目的としての基本中の基本。
    でも、
    案外あいまいに見過ごされがちになりそうな大切な内容
    「星空案内人とは」
    について。

    「星空案内人の目的」及び「星空案内人制度の意義」は、
     ・天文学の教育普及
     ・星空観望の文化を普及
     ・楽しさを伝える事を楽しむ

    と言うことになります。

    もちろん星空案内人として
    人に星についての知識を与える事も大切な仕事なのですが
    3番目の項目を見てもらっても解るとおり、
     ・楽しさを伝える事を楽しむ
    つまり、
    星空案内を受けた人に幸せになってもらえたなら、
    星空案内を喜んでもらえた自分自身も幸せな気持ちになれる。

    人の為にする事は、
    実は自分の為にする事でもあるんだよ。
    と言うことなのです。
    人の笑顔を見て自分も笑顔になる、
    「ありがとう」と言ってもらえて
    自分も「見て(聞いて)くれてありがとう」と言いたくなる。
    それが「星空案内人」としての目標であり、魅力なのです。


    では、
    実際に魅力溢れる「星空観望会」を企画してみましょう☆

    と言う事で
    今度は実際に観望会を行う事を想定した
    「実習」が開始されます。
    今回の講座の参加者を4つのチームに分け、
    星空案内の企画を考えていく訳です。

    各個人で案内する天体や星座を決めて、
    『天体解説カード』と呼ばれる、
    いわば「星空案内の時に用いるカンニングペーパー」を作っていきます。
    担当した天体や星座について
    より詳しい解説が出来るように講座のスタッフの方(星空案内人の先輩方)が
    各班1人ずつ配置され、書籍類も大量に準備されています。

    「天体解説カード」を作り終えたら、
    各チームの中で自分の担当する内容について
    カードを見ながら発表します。
    その時も出来るだけ星空案内を想定しながら発表し、
    聞く側も「お客さん」を想定しながら内容について疑問点をぶつけてみたり
    お互いアドバイスを与え合いながら
    「天体解説カード」の中身をより充実させていきます。


    さて、
    今度は実際の星空の元で星空案内です。
    教室の外に出ると各チーム1台ずつの
    「天体望遠鏡」が準備されています。

    残念ながら空一面の曇り空で
    星は顔を見せていませんでしたが
    “見える”と想定してw
    まずは各チーム内でリハーサルです。

    チーム内でお互いに
    「案内人役」「お客さん役」をし、
    実際に設置された望遠鏡を操作しながら
    真っ暗闇の中でのお客さんの誘導の仕方、
    安全面での注意を意識しながら
    各チームの星空案内をより完璧な物へと仕上げます。


    ここまで出来たらいよいよ本番です。

    今度は自分のチームと別のチームを
    それぞれ「案内人役」「お客さん役」に仕立てての
    星空案内本番です。

    まずはよそのチームが「案内人役」。
    そしてそれが終われば
    僕たちが「案内人役」の番です。

    チームお互いに
    「あの星は何ですか?」
    「今望遠鏡で何が見えてるんですか?」
    「これって今倍率何倍なんですか?」
    「あの明るい星はなんて名前の星なんですか?」
    などなど、
    ちょっとお互いからかいあってみたりw
    結構和やかな雰囲気で進行していって
    とても楽しい「観望会」となりました☆


    ・・・と、
    その観望会実習の終了間際、
    あれだけ空を分厚く覆い隠し
    時々小雨を降らせていた雲から
    うっすらと「シリウス」の姿が!!

    その後も徐々に他の星々も姿を現し
    「シリウス」の他に「木星」「スバル」を
    次々に天体望遠鏡に導入、
    本物の「星空観望会」を行う事が出来ました♪

    星々も、
    今日新たに生まれた「準案内人」達を祝福してくれているのでしょうか?



    この「星空案内の実際」を受講し終えて、
    無事『準案内人』の取得資格を手にする事が出来ました☆
    このあと3月6日の「認定式」を経て
    晴れて『準案内人』としてデビューする事が出来ます。

    そして準案内人となった以後に実技試験、レポートの提出を経て
    『星空案内人』へとステップアップする事も可能です。

    もちろんボクも
    『星空案内人』資格取得を目指します!!
    でも、
    急ぎはしないけれどもね。

    どこかの同好会にでも参加して、
    の~んびりとどこかで開催される観望会をお手伝いしながら
    必要な知識、経験を積んで、
    「そろそろいいかな?」
    って思えた頃に『星空案内人』にチャレンジしてみようと思います。



    先日も書きましたが、
    長期間に渡ってご指導頂いた先生方
    並びにサポートしてくださったスタッフの皆様、
    こういった学びの機会を与えて頂き
    本当にありがとうございました。
    そしてお疲れ様でした。

    また、
    4ヶ月間一緒に学んできた
    「準案内人」のタマゴの皆さん
    資格取得おめでとうございます。
    今日まで本当にお疲れ様でした。

    これから先のどこかの星空の下で
    「星のソムリエ」として再会出来る日を楽しみにしています。

         。      .     。          '           ☆       . ゚   。   ゚
             ゚  .    。            ゜    +   ゜      。     。    ゚  。
      。   ' o ゜          ☆          ゜    +.      ;    ゜         。
        ゜     。            ゜   。  o      ゚    ゚'        ☆  .  '
         * .      ゜         。        ゜     +      。         ゜
        ゚        。      .        +     。        +      ゜   。     ゚
      。      +       。     *  .    ゜        ゜      ゜    。     。
         ゚   ,;    。   .          +      。  .     '
        。   ゚   。.     +         。         .  ' ゚ 。     *  . ゜   +  ゜
           。          ,;   '   ゜             o     ゚   ゚   ☆     .
       。             *''          *       .゜     。    ゜       。
      '      ゜       。   ゚   ☆   ゚   ゜


                       ∧ ∧
                       (,,  )
                       /  |
      ,,....,,......,,...,,.,,....,,(___,,)..,,,,,,,,..................,,,..,.,,,..,,........


    ありがとうございました☆

    星のソムリエ | 23:41:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
    終わった。。。
    本日受講した講座を持ちまして、
    9月より約4ヶ月間に渡って続けられた
    「はりま宇宙講座」の受講が無事
    終了いたしました。

    長期間に渡ってご指導頂いた先生方
    並びにサポートしてくださったスタッフの皆様、
    本当にありがとうございました&お疲れ様でした。

    また、
    4ヶ月間一緒に学んできた
    「準案内人」のタマゴの皆さん
    今日まで本当にお疲れ様でした。
    これからもまた
    「星のソムリエ」目指してがんばりましょう♪


    今日は感謝の気持ちをお伝えして、
    講座の詳細は、また後日。。。

    星のソムリエ | 22:52:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
    第8回 “星空案内人” 資格認定講座
    国際宇宙ステーション補給機「こうのとり」2号機を搭載した
    H-2Bロケット2号機の打ち上げが無事成功しましたね、
    おめでとうございます☆
    428_liftoff_1l.jpg
    (JAXA)

    打ち上げ時刻は平成23年1月22日14時37分57秒(日本標準時)。
    こうのとり2号機は
    その“名称”の公募に募集して外れたwと言う
    ちょっと思い出のある補給機。

    残念ながら
    その打ち上げの瞬間を見る事は出来なかったんだけど、
    後でYoutubeに上げられた動画を見ると
    青空の広がる中
    着々と分離作業をこなし、
    順調にシーケンスをこなしていく様子を見る事が出来ました。

    (上記動画はYoutubeのJAXAチャンネルより引用しています。)

    ロケットの打ち上げって
    何回見てもカッコいいよね♪
    ISS到着は約1週間後、
    無事に荷物を運んでくれる事を祈ります☆



    さてさて、
    本日は
    第8回 “星空案内人” 資格認定講座
    『プラネタリウムを使ってみよう』
    が行われました。
    簡単にこの講座内容を説明すると、
    星空案内をするために必要な事を
    プラネタリウムを使って学びましょう

    と、言う事です。


    場所は本講座初の会場となります
    「明石市立天文科学館」
    429_110122_085752.jpg

    、、、ではなくてw
    その南側に隣接する保育園の遊戯室をお借りしての
    講座となりました。
    430_110122_092529.jpg
    (お寺さんが経営する保育園のようで、入り口の門が立派!)

    この保育園に
    講座のスタッフの方が持ってこられた
    直径約6m X 高さ約4mの
    エアー式簡易プラネタリウムを運び込んでの講座です。
    簡易と言っても投影される星空は
    あのプラネタリウムクリエーター
    大平貴之さん製作(メガスター?)の超本格派!!
    (エアードームを膨らませる送風機の風が
     めっちゃ寒かったですが)

    機材の搬入、設置をお手伝いして
    いよいよ本日の講座がスタート。
    まずは座学から。

    プラネタリウム解説員必携と言われる
    貴重なテキストのコピーを頂き
    ざーっと流し読み程度の講義が続いて、、、
    いよいよ本日の講座「プラネタリウムを使ってみよう」の
    実践的な講義が開始されます。

    解説員にとって一番大切な事、
    それは『声』を出す事。
    当たり前の事なんですが
    これをおろそかにしては解説なんて出来ません!

    と言うわけで、
    まずは「発声練習」から。
    (こんな事するとは思ってなかったw
     ちょっと驚きつつもここは真剣に)

    「アーーーーー」
    と30秒続ける発声に続いて(30秒息が続かなかったw)
    「アエイウエオアオ カケキクケコカコ」
    と、どこかで聞いた事のあるフレーズの練習。
    続いてボクの苦手ジャンル「早口言葉」
    「なまむぎなまもめなまなまも!」
    (もうカミカミw)
    そしてそして、
    歌舞伎のセリフだったかな?
    これまた舌を何回も噛んで血だらけになりそうなセリフを
    講師に続いて復唱。


    一通りの発声練習が済んだら、
    今度はいよいよプラネタリウムのネタ作りです。

    本日の講座の参加者14名(だったかな?)を4班に分け、
    それぞれ「春」「夏」「秋」「冬」の星空解説。

    ボクは「冬」の星空解説に振り分けです。


    まずはチーム名を決めなくてはいけません。
    若い子と同じチームだったので決めてもらおうと思ったけど
    なかなか決まりそうになかったので、ボクから提案。

    チーム『アステリズム』

    実はこの名前、
    このブログを始める時に今の名前「アルビレオ」
    この「アステリズム」と、どっちにしようか悩んでた言葉です。
    アステリズムって言うのは「星の並び(星列)」という意味で、
    星座(Constellation)とは違う特徴的な星の並びの事を差す言葉です。
    「春の大三角」「夏の大三角」「秋の四辺形」「冬の大三角」もアステリズムのひとつです。

    星だけに限らず
    美しい輝きを放つ数種類の『宝石』を
    自分の好みになるように並べて配置させた装飾品(ブレスレット等)の事を
    アステリズムと呼んだりもします。
    星のような記号の「*(アスタリスク)」を3つ並べた記号

    も、アステリズムと呼びます。
    聞きなれない言葉ですが、綺麗な言葉だと思うので
    これを機会に覚えちゃってください☆


    話がそれちゃいましたw

    チーム名の他に星空解説の内容も決めなければいけません!
    幸いにも冬の夜空は明るい星が多くわかりやすい星座が多いので
    ネタには困らないので助かりました。

    同じチームのお二人はまだ若い方だったので
    (おそらく本講座では最年少と思われます。)
    知っている星座の名前と神話の解説をお願いしました。
    「ふたご座の兄弟は実は“双子”じゃない」(実は異父兄弟)
    って話はもうちょっとウケルと思ったんだけどなぁ。。。


    そしていよいよ自分の出番。
    冬の1等星を結んで出来る「冬のダイアモンド」の話をさせてもらったのですが
    実はこの話、
    以前ブログで書いた話(冬の星座)をそのまま使わせてもらいましたw
    まぁそれだけではチームの担当時間5分を埋められないと言う事で
    おうし座の「スバル」や「ヒアデス星団」の話を織り交ぜての解説をしたのですが、
    なんとも中途半端でお粗末な結果に。

    講師の方にも解説後指摘を受けましたが
    オリオン大星雲で星の赤ちゃんが生まれ、
    成長してスバルのような星団へと成長し
    徐々にヒアデスの様な大きな星団に成長し・・・

    と続けたのですが、
    肝心のオチとなる「星の死(超新星爆発)」をはぶいてしまうという大失態。
    星の一生の話も中途半端、最後のシメもグダグダになってしまい
    反省点をたくさん残す結果となってしまいました。。。


    と、
    まぁ反省する所も多々ありましたが
    今回の講座、非常に面白かったです♪
    机に何時間も座ってする講座よりも
    こういった実践に沿った形式の講座は
    とても楽しい☆
    ボクの受講している「はりま宇宙講座」のAコースには
    この「プラネタリウムをつかってみよう」は含まれていなかったのですが
    追加で受講させていただいてとてもよかったです。
    3回生(ボクが4回生)の先輩方も今回改めて受講される方が居るほど
    人気のある講座と言うのもうなずけます。


    まだこの講座を受講していない人、
    これから「はりま宇宙講座」の受講を考えている人は
    この講座は絶対受けときましょう♪
    (レポート提出が無いのもまたGood☆w)

    注:この講座に単位認定はありません。

    星のソムリエ | 21:32:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
    次のページ

    FC2Ad

    まとめ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。