■プロフィール

ブランド

Author:ブランド
ようこそお越し下さいました。
管理人のブランドと申します☆
あなたも一緒に天の川の流れる速さを体験してみませんか?
星空に近づくお手伝いを
させていただきます♪

Twitter Button from twitbuttons.com

■↓





クリックで救える命がある。

イーココロ!クリック募金

■FC2カウンター

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■星空案内人リンク
■フリーエリア

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--
    5月18日の惑星集合
    昨日の事だけど
    朝早くから苦手な早起きをして「惑星大集合」見てきましたよ♪

    惑星大集合を見に行ったのは西宮市をはじめ
    阪神間に住んでる人ならきっと誰でも知っているであろう
    『六甲山』の頂上まで行ってきました!
    (ろーっこーおーろーしにー♪)

    六甲山山頂に到着したのは午前3時過ぎ!
    街灯も無く真っ暗なんだけど
    空には満月、
    地上には神戸の夜景が美しく輝いていました

    678_IMG_5656.jpg
    この光に中にボクの住む家があるんですねぇ、
    こうしてみると・・・
    えらい光害のひどい所に住んでるんやなあw
    モヤって見えているのは、、、黄砂?
    なんて思いながら歩いていると、
    着きました、六甲山頂上です

    679_IMG_5660.jpg
    六甲山山頂である事を示す記念碑です。
    「六甲山最高峰931m」
    って書いてあります。
    ちょうどうまい具合に記念碑のバックに
    北斗七星が写りました☆
    わかりますか?


    と、
    そうこうしているうちに日の出時刻の1時間前が迫ってきました。
    時間的にはまだまだ余裕があったので
    カメラをセットして構図を決めてスタンバイ。

    だんだんと夜空が白んで来た頃
    東の空にまず木星が見えてきました

    680_IMG_6067.jpg
    画像をクリックすると大きな画像が表示されて
    見やすくなります。
    画像の中央ちょっと右寄りに写っているのが木星です。
    左下に雲間から金星もチラッと見えてきました。

    金星が雲間からすっかり現れた頃には
    水星・火星も見え出すはずだったんだけれど、、、
    肉眼では確認できず。
    でも、
    写真にはちゃーんと写っていました♪

    682_MG_6200.jpg

    じっくりと眺めたい気持ちとは裏腹に
    4惑星が見えている時間はそれ程長くはなく
    4時30分を過ぎる頃には
    すっかりあたりは明るくなって
    惑星達の姿は見えなくなってしまいました。。。

    683_IMG_6300.jpg

    これら一連の、
    惑星の見え初めから終りまでを動画にまとめてみました。
    前回までよりはいくぶん見やすい動画になったと思いますが
    どうしても画質が劣化してしまって
    淡く写った星は解りにくくなってしまってますorz


    木星・金星はハッキリわかりますが
    水星・火星はかろうじて見えてます。
    動画作るのもなかなか難しいですねぇ。。。


    ちょっと惑星達もバラバラになってきますが
    まだしばらくの間は朝早くに4惑星の集合が見えています。
    ぜひ観察に挑戦してみましょう☆

    スポンサーサイト
    天体写真 | 23:42:29 | トラックバック(0) | コメント(1)
    久しぶりの星撮り
    昨日は朝からずっと曇り空で
    昼過ぎには雨が降り出すようなひどい天気。

    でも、
    天気予報で星空指数を見てみるとなんと5つ星☆
    まぁこの星空指数ってヤツは当たらない事で有名だから
    他の天気予報でチェックしてみるとやっぱり夜から晴れるとの予報。
    連休に入って初めての晴れだし
    この機会を逃すといつ行けるかも解らない。
    特に春先の天気って
    どーもモヤッてるって言うかスッキリしない天気が多いし、
    この先黄砂の影響も出てくるだろうし。

    「行ける時に行っとけ!」
    って事でまだ小雨がぱらつく中、半信半疑のまま
    いつもの星撮りの場所まで出発。


    現地について、
    雨はやんでたけど空一面の分厚い雲。
    「あちゃー、やっぱり無駄足だったかな・・・」
    なんてちょっと後悔しつつ、
    コンビニで買ったカップラーメンとおにぎりを食べながら、
    附近を散歩しながら待っていると
    9時を回ったあたりからチラホラと星が見えてきた。
    ホッと胸をなでおろし
    機材のセッティング開始。

    撮影準備が出来上がった頃には雲ひとつ無い
    いい天気♪になったんだけど・・・やっぱりどうもスッキリしない。
    風も無く、シンチレーションはいいんだけど
    湿度がメチャクチャ高くて透明度がイマイチ!
    ま、さっきまで雨降ってたんだから当たり前か。
    おまけに寒い!
    ジャンパーもって来てて良かったよ。

    ボヤけた星空にカメラを向けて、
    まずはこちらから撮影↓
    544_M51.jpg
    「M51(子持ち銀河)」
    5月1日 22時01分~22時16分撮影
    CANON EOS40D
    ISO 800 300秒 x 4枚
    主鏡  :タカハシ SKY90(口径90mm:焦点距離500mm:F5.6)
    ガイド鏡:BORG45EDⅡ(口径45mm:焦点距離325mm:F7.2)
    アトラクス赤道儀 + MEADE DSI + PHD Guidingで自動追尾
    RAP2:ダーク減算
    PSE9:RAW現像
    SI6  :コンポジット・デジタル現像・トーンカーブ
    DPP :トリミング・縮小

    5分露出じゃまだまだ足りないなぁ・・・
    でもこれ以上露出時間を延ばすとシーイングの悪さの影響で
    星がにじんで肥大するから昨晩はこれくらいまでと判断。
    それよりもコンポジット枚数もっと増やせばよかったなぁ、
    せめて8枚は無いと背景のザラザラ感が取れない。
    ちょうど子午線越え直前だったのでカメラが三脚にぶつかりそうになり
    枚数が稼げなかった。
    南天の撮影だったら子午線越え直前が狙い目なんだけど、
    北天だと三脚の位置も考えないといけないんだね。
    勉強になりました。


    と言うことで
    次は南天狙い。
    が、ここで問題発生!(またかよw)

    ガイド星を探していたんだけどなかなか見付からない。
    MEAD DSIをガイドカメラに使ってたら
    めったにガイド星探しに困らないんだけど、
    (露光時間伸ばせば大概見付かる)
    探せど探せど見付からない。
    「おかしいな・・・」
    と、ふとレンズを見たら夜露でびっしょり!!
    いつも星撮りに来ているこの場所は、
    谷間なんだけど絶えず空気が流れていて
    レンズが曇るなんて事無かったのに。
    撮影鏡のSKY90もよーく見るとわずかに曇ってる。。。

    フードを着けててここまでひどくびしょびしょになったのは初めて。
    ドライヤーじゃ役に立たないと判断して
    (以前ドライヤー使ってヒューズ飛ばしたw)
    あまりしたくなかったけど布でレンズをふきふき。
    撮影鏡は、真冬にしか使わなかったヒーター(電熱線)使って簡単に取れた。
    なんでいつも問題発生するのでしょうか・・・orz


    気を取り直して
    南天側の撮影↓
    545_M104.jpg
    「M104(ソンブレロ銀河)」
    5月1日 23時29分~00時05分撮影
    CANON EOS40D
    ISO 800 300秒 x 8枚
    主鏡  :タカハシ SKY90(口径90mm:焦点距離500mm:F5.6)
    ガイド鏡:BORG45EDⅡ(口径45mm:焦点距離325mm:F7.2)
    アトラクス赤道儀 + MEADE DSI + PHD Guidingで自動追尾
    RAP2:ダーク減算
    PSE9:RAW現像
    SI6  :コンポジット・デジタル現像・トーンカーブ
    DPP :トリミング・縮小

    うん、やっぱり8枚くらいコンポジットしたら
    かなり滑らかになるな。最低でもこれくらいは必要か。
    が、
    かなり星が肥大化してる。
    ピンボケもあるだろうけど
    シーイングの影響+レンズの曇りが原因だろうなぁ。。。


    もっとたくさん撮影したかったけど
    なんだかどんどん星空がぼやけてきた。
    今夜はもう回復する事は無いだろうと判断し、撤収。

    久しぶりの撮影は楽しかった♪
    ガイドもまあまあ決まったし、
    次回はもっとのんびりと撮影したいな。

    天体写真 | 23:08:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
    40日間
    先日久しぶりにブログを再開しました。
    お休みしていたのがちょうど40日間になるんだけど、
    そのあいだ星を全然見なかったのかと言うとそうでもなく
    やっぱり星空眺めたり写真撮ったりしていました。


    そんな40日間に撮った写真をチョコット紹介。


    「Supermoon(月齢14.7)」
    3月19日 22時35分44秒撮影
    CANON EOS40D
    マニュアル露出 ISO800 シャッター速度1/200
    主鏡:BORG45EDⅡ(口径45mm:焦点距離325mm:F7.2)
       +LV25mmアイピースにて拡大撮影
    RegiStax6
    Adobe Photoshop Elements 9:レベル調整・縮小・トリミング

    19年ぶりに大接近したスーパームーンです。
    19年ぶりって言っても月が地球に接近する事自体は
    全然めずらしい現象じゃないんだけど
    再接近した時がちょうどタイミング良く満月って言うのはめずらしい事なんです。
    ちょっと画像処理がきつすぎて荒くなっちゃってますね。


    続いて


    「太陽」
    3月26日 10時59分52秒撮影
    CANON EOS40D
    マニュアル露出 ISO100 シャッター速度1/25
    主鏡:BORG45EDⅡ(口径45mm:焦点距離325mm:F7.2)
       +LV25mmアイピースにて拡大撮影
    バーダープラネタリウム社アストロソーラーフィルター使用
    RegiStax6
    Adobe Photoshop Elements 9:レベル調整・縮小・トリミング

    最近太陽活動が活発化してきて
    大きな黒点がよく出現しています。
    来年の2012年の金環日食までに
    もっとうまく撮れる様になりたいものです。
    CMOSに付着したゴミ?が写りこんでますが
    この画像はなかなか良く撮れた方じゃないでしょうか(自画自賛w)


    そして再び「月」

    531_moon.jpg(クリックで拡大)
    「月(月齢10.0)」
    4月13日 22時38分20秒
    CANON EOS40D
    マニュアル露出 ISO800 シャッター速度1/60
    主鏡:BORG45EDⅡ(口径45mm:焦点距離325mm:F7.2)
       +LV25mmアイピースにて拡大撮影
    RegiStax6
    Adobe Photoshop Elements 9:レベル調整・縮小・トリミング

    532_コペルニクス附近(クリックで拡大)
    「コペルニクス附近」
    4月13日 22時25分58秒
    CANON EOS40D
    マニュアル露出 ISO1000 シャッター速度1/20
    主鏡:BORG45EDⅡ(口径45mm:焦点距離325mm:F7.2)
       +LE5mmアイピースにて拡大撮影
    RegiStax6
    Adobe Photoshop Elements 9:レベル調整・縮小・トリミング

    月の撮影って空気の透明度とか揺らぎの影響を受けやすいから
    簡単そうで意外と難しい!
    なかなか奥の深い撮影対象です。

    「コペルニクス附近」の画像をよく見てみると
    画像中心と比べて周辺附近がボケた感じになってますね、
    たぶんコマ収差の影響だと思います。
    一度星空の写真撮ってきちんと確認してみなきゃいけないですね。


    ・・・って、
    せっかく「ステライメージ6」買ったのに
    全然使ってないじゃん!!(涙

    このゴールデンウィークは春の銀河系でも狙ってみようかな。

    天体写真 | 22:27:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
    ISSの観測結果
    結果から言いますと、、、
    見事に曇られました(涙

    観測した場所はこちら

    526_255328319.jpg
    「全国高校野球選手権大会」常連高である
    報徳学園のすぐ横、武庫川河川敷へと行って来ました。

    上記画像に表示されている線は、
    ISSとふたご座のカストルがニアミスする可能性のある場所を
    示しています。
    うまくいけば『恒星食』が見れるかもしれません!
    (実際には通過1時間前に南へ100mくらい計画線が移動しました)

    ちょっとワクワクしながら機材のセッティングをしていると
    報徳学園のグラウンドから金属バットの「キーン」と言う快音が。
    将来のスター選手がこの学園から生まれてくるのかな?
    なんて考えながら組み立てていると、、、
    天候がなにやら怪しい雰囲気に。

    みるみる雲は増えて行き、
    ISS観測時刻直前には空の80%ほどを
    雲が覆ってしまいましたorz
    それでもチラッチラッとISSを目視確認は出来たんだけど、
    写真の撮影はあきらめました。


    「ISSとは相性悪いのかな・・・」
    なんて考えてると
    なんと雲がどんどん晴れて行く!
    あと10分、
    せめてあと5分早く晴れてくれたら
    今日のブログにISSの写真載せられたのに!

    まぁボヤいても仕方が無い。
    また月の写真撮ったので
    変わりにそちらを掲載します。

    今回は動画で撮影してみました。
    ちょっと長いですが、
    六甲山に沈んでゆく月です。

    [広告] VPS

    「六甲山に沈む月(月齢 5.7) 」
    3月10日 22時34分58秒撮影
    cerestron NEXIMAGE
    主鏡:BORG45EDⅡ(口径45mm:焦点距離325mm:F7.2)

    相変わらず綺麗な月でした♪


    天体写真 | 00:36:14 | トラックバック(0) | コメント(3)
    三日月
    今夜の三日月は
    雨上がりで空気が澄んでいたせいか
    とっても綺麗でした。

    思わず写真にパチリ

    524_DPP_0042.jpg
    「三日月(月齢 4.7)」
    3月9日 21時18分12秒撮影
    CANON EOS40D
    ISO 400 1/160秒
    タカハシ SKY90直焦点(口径90mm:焦点距離500mm:F5.6)
    SP赤道儀で追尾
    Digital Photo Professional にてトリミング
    画像処理なし


    そう言えば
    今月の3月20日の満月は
    月の公転軌道の影響で
    今年一番大きな月(33分30秒角)が見られるらしい。
    ちなみに今年最小の月は10月12日。


    もう一枚
    今度は「地球照」
    525_DPP_0041.jpg
    「地球照」
    3月9日 21時15分34秒撮影
    CANON EOS40D
    ISO 400 2.5秒
    タカハシ SKY90直焦点(口径90mm:焦点距離500mm:F5.6)
    SP赤道儀で自動追尾
    Digital Photo Professional にてトリミング
    画像処理なし

    地球照って言うのは
    地球が反射した太陽の光で
    本来真っ暗になるはずの月の影の部分が
    ほんのり明るくなって見える現象。

    暗い所の光は
    明るい所より約2秒早く太陽を出発した光。

    なんか不思議。

    天体写真 | 01:00:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
    次のページ

    FC2Ad

    まとめ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。