■プロフィール

ブランド

Author:ブランド
ようこそお越し下さいました。
管理人のブランドと申します☆
あなたも一緒に天の川の流れる速さを体験してみませんか?
星空に近づくお手伝いを
させていただきます♪

Twitter Button from twitbuttons.com

■↓





クリックで救える命がある。

イーココロ!クリック募金

■FC2カウンター

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■星空案内人リンク
■フリーエリア

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--
    加茂社と天文
    梅雨の中休みなのか、
    雨はこの2~3日降ってませんが
    相変わらずスッキリしない曇り空で
    昼も夜も星が見えずストレスが溜まってしまいそうです。

    こんな星の見えない休みの日には
    本を読んだり講演会に出かけて
    新しい天文の知識を仕入れてみてはどうでしょうか。


    今日は、
    『NPO法人花山星空ネットワーク』さんが主催する
    天文講演会に行ってきました。
    内容は
    ・「加茂社と天文」(久保田諄 大阪経済大学名誉教授)
    ・「彗星探査の最前線:ハレー彗星からハートレイ第2彗星まで」(河北秀世 大阪産業大学教授)
    と言う2つのお話です。

    どちらも大変興味深い、面白い講義をしていただいたのですが
    その中から「加茂社と天文」と言うお話を
    メモを見ながら少しだけ紹介させていただきます。


    講師をされた久保田諄教授は大阪経済大学名誉教授という
    大変立派な肩書きをお持ちの方なんですが
    実はこの方、京都市北区にある
    上賀茂神社
    の社家を代々受け継がれている
    神主の家系(梅辻家)でもあるのです!

    上賀茂神社と言えば国内でも「上七社」と呼ばれる
    伊勢神宮・石清水八幡宮・加茂・松尾大社・平野神社・伏見稲荷大社・春日大社
    のひとつ。
    その千数百年以上の長い歴史を持つ神社の神主様の話を直接聞けるんだから
    とっても貴重で面白い!!

    まずは賀茂神社の成り立ちから
    現在に至るまでの歴史を振り返ります。


    4世紀頃に古代氏族のひとつである加茂族
    現在の北区上賀茂あたりに定住していたとされています。
    古代はその加茂族の氏神を祀っていた神山(こうざん)の頂上すぐ下にあった石磐(いわくら)で
    祭祀を行っていたのですが、
    奈良時代になると現在の場所に拝殿(加茂社)が造営されました。

    大和政権が京都(平安京)へ遷都して以来、
    都の氏神を祀る「加茂社」は、
    また皇祖神を祀る神社として伊勢神宮に次ぐ社格となり
    「上七社」の筆頭として皇室の祈願の場所として
    地方神から「国家神」として祀られる様になります。

    皇室や貴族から「荘園」を寄進され
    栄華を誇った加茂社なのですが、
    安土桃山時代に入り豊臣秀吉によって行われた
    「太閤検地」(1582年頃)によって全ての荘園が没収、
    さらに明治維新の国家神道化による廃仏毀釈により神社まで没収!!
    貧窮を極める事となります。

    戦後になって無事現在の状態にまで回復するのですが
    さて、
    この「加茂社」「天文」がどうして結びつくのでしょうか?


    明治維新以前には、
    天皇の大切な仕事にひとつに
    「天に祈りを捧げる」
    と言うものがありました。
    その祈りを捧げる場所が「神社」であったわけですが、
    祈りの内容は大きく分けると二つ
    ・国民を安心させるための祈り
    ・天からのメッセージを受け取るための祈り

    と分けることが出来ます。

    国民を安心させるための祈りとは、
    降雨(雨乞い)や止雨、八百万の神に感謝を捧げるための祈り等ですが、
    天からのメッセージを受け取ると言うのが正に
    天体観測を行い天文現象を天からのメッセージとして受け取ると言う事なのです。

    ここで言う天文現象とは主に
    日食、月食、二星合・三星合(惑星同士の接近)、
    客星(新星・超新星)、大きい流星、彗星、オーロラ等
    の事になりますが、
    (これらを当時は「天変地異」と見ていた)
    宮中に陰陽寮(おんにょうりょう)と呼ばれる天文博士を集めた部署を置き、
    自然現象の異常に日夜注意を払い続け、記録し続けていました。

    天変地異を発見するとその当時あった古い記録文書照らし合わせ
    過去にも同じ現象がなかったかを照合し、
    それが凶事の前兆であるならば陰陽頭(おんにょうがしら)が上司へ報告(天文蜜奏
    上司らは協議して「軒廊の御占」(こんろうのおうら)と呼ばれる占いをし、
    その占いの結果が凶と出た場合には「上七社」と「大寺院」に連絡し、
    悪霊退散の祈願をするよう命令を下していたという事らしいです。

    これら天体観測された記録は
    加茂社から徳川幕府に提出されたレポート
    「加茂注進雑記」に事細かに書かれており、
    その内容は現在の天文学によって整合が確認されているという事です。


    現在上賀茂神社に収蔵されている古文書は3万点以上と全国最大!
    6年前にやっと整理が出来たのですが、
    天文の歴史を知るための宝の山が未だに手付かずのままになっている現状です!!
    はやく内容の解読して公表してほしいものですね。



    ちなみに
    「陰陽」は“おんみょう”では無く“おんにょう”という読みが正しいそうです。

    また、
    当時の人達にとって日食・月食はそれほど恐ろしい現象だったわけではなく
    むしろ時刻(太陰暦)の正確さを確認するための手段となっていたそうです。

    同じく彗星の出現も
    恐れていたのは宮中の人達だけで
    一般庶民にとってはその姿が稲が穂を垂れる姿に似ている事から
    「穂垂れ星」と呼ばれて吉兆の知らせとして喜ばれていたそうです。

    また、
    古文書から京都でオーロラが観測された記録も見付かっているそうです。
    (オーロラが旗を立てた大群がやってきたように見えたらしいです)
    相当大きな太陽フレアが発生したものと思われますが、
    今の時代にこれほど大きな太陽フレアが発生したら
    電気機器の故障や大停電が発生してパニックになるでしょうね。


    面白いお話が聞けてとても楽しかったです。
    星の見えない休日には
    ぜひ皆さんもお近くで開催される講演会に
    足を運んでみてくださいね。



    スポンサーサイト
    その他 | 23:53:08 | トラックバック(0) | コメント(1)
    簡単な緯度・経度の調べ方その2
    以前に、
    簡単な緯度・経度の調べ方について記事を書いた事があります。
    2010-09-08「簡単な緯度・経度の調べ方」

    なぜ緯度・経度を知る必要があるのかは
    以前の記事を見てもらう事にして、
    今回はもっと簡単に緯度経度を調べる事が出来るサイトを見つけたので
    ご紹介。


    というサイトなんですが、ご存知ですか?

    みんなの知識【ちょっと便利帳】は、 オリジナルコンテンツが一杯詰まったお役立ち・便利サイトです。
    手帳やダイアリーの付録のような、“ちょっと便利”で “ちょっと役に立つ”サイト として、様々な便利ツールや知識、蘊蓄を編集しています。
    (サイトより引用)

    と言うことなんですが、
    ホントこのサイト情報量豊富で便利コンテンツがてんこ盛り☆
    サイト見てまわるだけで一日中遊べそうなんだけど
    そのなかにあるこちらで簡単に経度緯度を調べられます。

    経緯度調べ[60進数]

    使い方はいたって簡単。
    サイトにアクセスして↓
    549_Image1.jpg
    (クリックで拡大)

    画面下の地図(GoogleMap)で
    経緯度を調べたい場所を表示してクリック☆
    すると↓
    550_Image3.jpg
    (クリックで拡大)
    赤枠で囲った所に
    地図上のクリックした場所の緯度経度が60進数で秒以下2位まで表示されます。
    すごい精度!
    よく見ると数字の右側にカッコ付きで10進数での緯度経度も表示されてますね。

    その他にも地図上の2点間の直線距離を測れたりと
    便利コンテンツがいっぱい♪
    一度アクセスして遊んでみてくださいね☆

    その他 | 01:39:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
    シーイング
    ここでちょっと、
    星見や星撮りするときに良く使われる
    シーイングと言う言葉についての説明。


    夜空を見上げると
    星がキラキラまたたいて見えますよね。
    これは星が明るさを変えてキラキラ光っているんじゃなくって
    地球の大気を通して星を見ているから。
    大気を通して星を見るのは
    流れる川の底に落ちてる石を見る事に例えられるけど、
    川底に落ちている石をハッキリ見ようと思ったら2つ条件が必要になります。

    ひとつは透明度
    川の水が澄んでいると良く見えるし
    ドロ交じりのにごった水じゃはっきり見ることが出来ませんよね。↓
    546_si-ingu.jpg
    冬場の空気が乾燥した時は透明度が高いですが
    夏の湿度が高い時や春先の黄砂の出ている時は透明度が低い。
    雨上がり直後は空気に混じった汚れが洗い流されて
    透明度が高くなることが多いです。

    そしてもうひとつは「揺らぎ(シンチレーション)」
    流れが強くて水面がゆらゆら揺れていると
    川底見にくいですよね。↓
    547_sinchiresyon.jpg

    冬場は日本の上空にあるジェット気流の影響で
    揺れが激しい。
    夏場の太平洋高気圧の勢力が強い時は比較的大気は安定して
    揺らぎは少ないです。
    また、
    この揺らぎは大気の影響だけじゃなく
    夏場の熱されたアスファルトの上やコンクリート建物の近くでも
    揺らぎは発生するし、
    反射望遠鏡を使ってる人は望遠鏡自体の熱の影響で
    筒の中に揺らぎが発生します。
    高度の高い位置を見るより
    大気の層をより多く通過するような低高度の観察する時も
    揺らぎは多く発生します。

    この、透明度・揺らぎの2つを総称して
    シーイングと呼んで5段階(10段階)で評価したりします。


    簡単にまとめると、
    ・冬場は透明度が高いけれど気流の影響で揺らぎが大きい
    ・夏場は気流が安定しているけど透明度が低い
    ・低高度で観察するより高度が高い方が揺らぎが少ない
    ・熱を持つ物(アスファルト・コンクリートの建物・自動車)の近くは避ける
    ・反射望遠鏡などは気温になじむまで待った方がいい
    ・湿度の低い時期・場所を選ぶ
    ・大気の影響が少ない、標高の高い場所へ行く
    などなど。

    とは言っても全部の条件をクリアするのはとても難しいこと。
    なるべく条件のそろった日を選ぶために
    下のサイトなどを参考にしてみましょう。

    雲量・水蒸気量の予想
     ・GPV気象予報
     ・気象庁気象衛星
    ジェット気流予想
     ・NCEP200
    黄砂予報
     ・気象庁黄砂予測図

    他にも便利サイト知ってたら教えてくださいね☆


    ちなみに、、、
    ボクはネコよりイヌ派ですw
    (関係ないw)

    その他 | 01:30:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
    スペースシャトル エンデバー打ち上げ延期
    本日午前4時47分(日本時間)に打ち上げが予定されていた
    スペースシャトル「エンデバー」が機器の故障が原因で
    打ち上げが延期されました。
    次回の打ち上げ予定は48時間後以降との事。
    と言うことは、
    早くても5月2日以降って事になるのかな?

    ん~、残念。。。
    シャトル打ち上げの中継を見ようと朝3時30頃に目を覚まして、
    とりあえずツイッターのタイムラインを眺めたら
    野口 聡一宇宙飛行士の打ち上げ中止のツイートが。
    @Astro_Soichi

    もう一眠りしようかとも思ったけど
    中継見るために前の晩早く寝たものだから
    完全に目がさえちゃって眠れない。
    そう言えばもうすぐ「みずがめ座エータ流星群」が見頃だな~って
    窓から外みたら雲ひとつ無い快晴☆
    ちょっと寒かったけどベランダに出て
    見上げると夏の大三角形が頭の真上に出ててびっくり!

    太陽が昇ってくるまでの1時間ちょっと見てたけど
    結局ひとつも流れ星は確認できなかった。
    そのかわり、
    下限の三日月が隣の屋根から昇ってきた。
    533_IMG_3588.jpg

    望遠鏡をベランダにセッティングして
    しばらく眺めた後
    アイピースをカメラに付け替えて月の撮影に挑戦!

    534_IMG_4112.jpg
    「月(月齢26.3)」
    4月30日 4時27分32秒~4時29分12秒撮影
    CANON EOS40D
    マニュアル露出 ISO400 シャッター速度1/60
    主鏡:SKY90(口径90mm:焦点距離500mm:F5.6)
    RegiStax6
    Adobe Photoshop Elements 9:レベル調整・縮小・トリミング

    535_IMG_3744.jpg
    「地球照」
    4月30日 4時21分04秒~4時25分56秒撮影
    CANON EOS40D
    マニュアル露出 ISO800 シャッター速度1.6秒
    主鏡:SKY90(口径90mm:焦点距離500mm:F5.6)
    RegiStax6
    Adobe Photoshop Elements 9:レベル調整・縮小・トリミング


    んー、
    もう少し解像度と言うかシャープさと言うか
    もう少しクッキリと撮りたいなぁ。
    今回はSKY90使って撮ったけど、
    BORG45EDⅡ+LV25㎜で撮るのとどっちが
    綺麗に撮れるだろ?
    解像度ではSKY90に分があるけど
    拡大撮影出来る所はBORG45EDⅡに分がありそうだし。

    SKY90で焦点距離を伸ばす方法を考えてみるか。

    その他 | 07:19:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
    日本がんばれ!!
    『時代:中島みゆき』


    今はこんなに悲しくて 涙も枯れ果てて
    もう 二度と笑顔には なれそうもないけど

    そんな時代もあったねと いつか話せる日が来るわ
    あんな時代もあったねと きっと笑って話せるわ
    だから今日はくよくよしないで
    今日の風に吹かれましょう

    まわる まわるよ 時代はまわる
    喜び悲しみ繰り返し
    今日は別れた恋人たちも
    生まれ変わって めぐりあうよ


    旅を続ける人々は いつか故郷に出会う日を
    たとえ今夜は倒れても きっと信じてドアを出る
    たとえ今日は果てしもなく
    冷たい雨が降っていても

    めぐる めぐるよ 時代はめぐる
    別れと出会いを繰り返し
    今日は倒れた旅人たちも
    生まれ変わって 歩き出すよ

    まわる まわるよ 時代はまわる
    別れと出会いを繰り返し
    今日は倒れた旅人たちも
    生まれ変わって 歩き出すよ
    今日は倒れた旅人たちも
    生まれ変わって 歩き出すよ





    兵庫県西宮市で生まれ育ったボクは、
    16年前の『阪神淡路大震災』を経験しています。

    その時の記憶は
    時間の経過と共に少しずつ薄められてきてはいますが
    今でもハッキリと心に焼き付き
    忘れ去る事はどうしても出来ません。

    母親が重症を負ったため
    避難先が病院でしたが
    そこでの景色はまさに地獄でした。

    「なぜ自分は助かったんだろう?」
    「あの時死んでしまっていた方が楽だったんじゃ無いのか?」
    なんて悩み、
    かなり精神的に苦しかった時があったけれども
    今ではこうして毎日星空を楽しんでいます。

    今は苦しいかもしれませんが
    いつか必ず癒される日が来ます。
    それまで絶対にくじけずがんばって下さい。
    日本中、世界中が応援しています。

    東北関東で震災に合われた方々のお見舞いを申し上げますと共に
    お亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。



    ん~、、、
    削りすぎてチグハグな文章になってしまったなぁ。
    あまりにショックが大きすぎて
    しばらくブログ書く気にならなかったけど、
    東日本の人々が復興に向けてがんばってる時は
    西日本の我々は『日本』を守るためにがんばらなくちゃいけないよね。

    東日本がんばれ!西日本もがんばれ!
    日本がんばれ!!





    その他 | 22:37:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
    次のページ

    FC2Ad

    まとめ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。