■プロフィール

ブランド

Author:ブランド
ようこそお越し下さいました。
管理人のブランドと申します☆
あなたも一緒に天の川の流れる速さを体験してみませんか?
星空に近づくお手伝いを
させていただきます♪

Twitter Button from twitbuttons.com

■↓





クリックで救える命がある。

イーココロ!クリック募金

■FC2カウンター

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■星空案内人リンク
■フリーエリア

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--
    ISS・エンデバーの通過
    今回のミッションでラストフライトを迎えることになった
    NASAのスペースシャトル『エンデバー号』。

    5月16日に打ち上げられてから
    何とかその姿を見てみたいとずっと思っていたんだけれど
    残念な事にずっと雨が続いていました。

    先日30日にはISS(国際宇宙ステーション)と分離、
    6月1日には地球に帰還してしまうという事で
    たぶん今日が最後のチャンスになるかもしれないと思い
    天気予報は怪しい予報でしたが
    観察に挑戦してみることにしました。


    眠い目をこすりながら起きてみると
    なんと快晴!
    チラホラとは雲が見えたけど
    肝心の北天にはまったく雲が見えません。
    カメラ・三脚を抱えて
    いつもの武庫川河川敷公園に向かいました。

    前日に
    ここ→「国際宇宙ステーションを見よう」
    ここ→「ToriSat」
    ステラナビゲータ9を使ってどの方向に飛ぶのかをシミュレーションしていたので
    おおよその飛行経路の予想はバッチリ☆
    ただ、
    予想と違っていたのはエンデバー号の通過時間。
    ISSが通過する数十秒から数分前に出現するものだと思いこんでいました。

    だから、
    予想時刻2時56分に人工衛星らしき光の通過が見え出した時は
    てっきりISSが見えていてエンデバーは見逃したと思ったけど
    実際はそうじゃなかった。
    今見えていたのが「エンデバー号」で、
    ホンの数秒遅れで「ISS」の大きな光が見え始めた。


    「ISS・エンデバー号の通過」
    画面左側から右側へ、
    エンデバー号が先行し続いてISSが上空を通過していきます。

    ISSの通過はこれまでもう何度もみてきたけれど、
    二つの明るい光が並んで飛んで行く姿は
    本当に感動的でした。

    エンデバー号、
    最後に大きな感動をありがとう、
    お疲れ様でした。
    無事に地球に帰ってきてくださいね。。。



    動画を見てもらっても解るとおり
    通過が見られる直前から雲が湧きだして、
    あと数分遅れていればISS・エンデバーは見れなかったかもしれませんでした。
    運が良かったかも♪


    ところで、
    エンデバー号の帰還の模様は
    宇宙教育テレビやニコニコ生放送で中継するんでしょうか?
    NASA-TVでは6月1日午後3時35分過ぎ(日本時間)
    から放送するみたいですが、、、
    その時間は残念ながらお仕事中ですorz...

    時間のある方はコチラ
    NASA-TV
    で中継されるようなので
    ぜひその最後の勇姿をご覧になってください☆

    スポンサーサイト
    ISS(国際宇宙ステーション) | 04:39:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
    ISSと4惑星のランデブー
    5月16日に地球を出発した
    スペースシャトル「エンデバー号」。
    18日にはISS(国際宇宙ステーション)と無事ドッキングを果たし
    順調にミッションをこなしているようです。

    そんなエンデバー号とISSがドッキングした姿を
    一目見たくて機会をずっと伺っていたのですが、
    5月26日ついにそのチャンスが訪れてきそうです!

    JAXAのホームページ
    「国際宇宙ステーションを見よう」
    によりますと、
    5月26日木曜日
    04時07分30秒に方位角218度、高度11度の方角から現れ
    04時10分00秒に方位角162度、高度63度で最大仰角を向かえ
    04時13分00秒に方位角 53度、高度10度へと去ってゆきます。
    (ただし、大阪でのデータです。
     方位角とは北方向を0度として右回りに増えてゆく角度の事を言います。)

    大阪での観測条件はめちゃくちゃ良さそうです。
    JAXAさんが大阪に◎(二重丸)付けてるくらいですから☆


    さてさて、
    上記の時刻と方位角を見て気がついたのですが
    なんと明け方の東の空で大集合を迎えている
    4惑星(水星・金星・火星・木星)とISSのランデブーが見れそうなんです!

    明け方04時10分前後の東の空の様子を
    ステラナビゲータ9を使ってシミュレーションしてみました

    699_ISS-4waku.jpg
    (クリックで拡大:アストロアーツ/ステラナビゲータ9)

    四角い枠は一眼レフカメラ(APS-C)に30ミリレンズを取り付けたときの画角です。
    画面の隅っこをISSが通過するのが解ってもらえると思います。
    こちらをまた動画で



    相変わらず画質が悪いですねぇ。。。orz
    今ウィンドウズ標準のムービーメーカーで動画作ってるんですけど
    やっぱりちゃんとしたソフト買わなきゃダメなんですかねぇ?

    平日の早朝ですが
    ラストフライトのエンデバー号とISSがドッキングした姿、
    4惑星とのランデブーをがんばって観察しましょう!!

    ISS(国際宇宙ステーション) | 23:35:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
    ISS太陽面通過予想
    先日のISS月面通過の撮影で
    すっかり気を良くしてしまったので
    早速次の撮影チャンスを調べてみると・・・
    おぉ!
    意外と早く次のチャンスが巡ってくる事が解りました♪

    5月12日(木曜日)9時46分!
    なんとボクの住んでる西宮市で見れるじゃないですか!!
    早速シミュレーションしてみましょう♪


    観測場所の選定はこちらのサイト
    CalSKY
    を参考にします。
    570_Image1.jpg
    阪神競馬場のすぐ脇、
    武庫川河川敷公園が良さそうです。
    この場所を観察場所(撮影場所)にしましょう☆

    候補となる場所の緯度経度をこちらのサイト
    みんなの知識【ちょっと便利帳】 (過去記事:簡単な緯度・経度の調べ方その2
    で調べます。
    571_Image2.jpg
    緯度: 34度46分51.68秒( 34.781023度)
    経度:135度22分19.57秒(135.372103度)


    この数値を再度CalSKYに入力し、
    太陽面通過のシミュレーションしてみます。

    572_Image3.jpg
    見事この場所でISSが太陽のど真ん中を
    通過するようです。
    時刻は9時46分4~5秒


    さてさて、
    以上の結果を踏まえて
    ステラナビゲータ9でも同じ結果になるかを
    検証してみたいと思います。

    まず準備しなければいけないのは、
    CalSKYで使用したのと同じ軌道要素(TLEデータ)です。
    幸いにも軌道要素はCalSKYサイト内で簡単に見つけることが出来ます。
    673_Image4.jpg
    赤矢印の場所の
    Orbit Elements (TLE)
    をクリックすると軌道要素(TLE)が表示されます。
    ISS
    1 25544U 98067A 11130.14545588 .00007987 00000-0 57332-4 0 3276
    2 25544 051.6481 356.0888 0002553 256.4608 246.5672 15.74746145714919

    これをステラナビゲータ9に使用します。
    すると

    674_compojite.jpg
    おや?
    太陽の近くは通るみたいですけど
    正面は通過してくれないようです。

    以前も同じような結果になった事があって
    アストロアーツさんに問い合わせた事があるんですけど、
    どうやらステラナビゲータ9でのシミュレーション結果は
    それほど精度高くないらしいです。
    先日の検証結果がそこそこの結果だったので
    「今度こそは!」
    と、期待していたんだけれどもバージョンアップはしていなかったようです。
    ステラナビゲータ9は星景写真として撮る時くらいの精度と思った方がイイみたいですね、
    残念。


    最後に、大切なお知らせ。

    ISSの軌道はISS自身が受ける大気の影響や
    スペースデブリの回避、宇宙船とのドッキング等の影響で
    しょっちゅう軌道が変わります。
    今回シミュレーションした結果は
    明日の朝になったらもうすでに変わってしまっている可能性があります。
    観測場所の選定等はなるべく観察時間直前に行うようにしてください。
    上記の内容をそのまま信用して観測し、
    見えなかったとしてもボクに苦情を言ってこないようにw
    また、
    太陽を観察する時はそれなりの準備を怠らないよう
    注意してくださいね。

    ちなみに、、、
    5月12日の天気予報は朝から雨の予報です。(涙

    ISS(国際宇宙ステーション) | 22:52:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
    ISS月面通過 その2
    昨日の続きです。

    広角レンズで撮影したISSは
    なーんか写りがイマイチで
    判別しにくい見苦しい画像になっちゃいましたが、
    望遠鏡にカメラを取り付けて撮影した画像は
    なかなかイイ感じに撮影できましたよ♪


    「ISS月面通過(月齢5.1)」
    5月8日 19時19分30秒~19時19分34秒撮影
    CANON EOS40D
    ISO 400 1/400秒
    主鏡:タカハシ SKY90+フラットナーレデューサ
        (口径90mm:焦点距離407mm:F4.5)
    ビクセンSP赤道儀にて一軸モーター追尾
    比較明合成、レベル・コントラスト補正、縮小

    クリックして拡大してもらうと
    “点”に写ったISSが等間隔に並んで
    月の正面を飛んでいるのが解ると思います。
    EOS40Dの連射速度が1秒間に6.5コマなので
    画像の端から端まで約4秒。
    月の正面に至っては一秒弱の、
    あっという間に飛び去ってしまうのが解ってもらえると思います。

    月の影の部分がわかるように
    地球照の写った画像を合成してみました

    567_ISS通過(地球照)
    EOS40Dが秒6.5コマ
    月正面に約4.5個写し込まれていることから
    約0.7秒で月の正面を横切った事がわかります。


    もっとはっきり月の正面を飛んでいるのが解るように
    動画も作ってみました

    [広告] VPS


    動画にすると画質が落ちるのですが、
    画面右上から左下へ飛び去っていく様子が
    ハッキリ解ってもらえたと思います♪
    動画中最後の部分の画像です

    568_IMG_4801.jpg

    ISS本体の形もなんとなくわかりますよね♪
    NASAの画像と比べてみてください

    569_iss.jpg

    太陽電池パドルの色や形、わかります?

    今回の撮影は大満足☆
    わざわざ泉佐野市まで足を運んだ甲斐がありました♪

    次回のISS○○通過を撮る時は
    もっとISSがハッキリと写るように撮りたいな。

    そのためにはもう少し焦点距離が欲しい・・・



    ISS(国際宇宙ステーション) | 23:30:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
    ISS月面通過
    今日もISS(国際宇宙ステーション)の通過を見てきました☆

    今日見に行った場所は、
    ボクの住む西宮市から大阪湾をぐるっと半周した
    大阪府の南端に近い、泉佐野市まで行ってきました。
    泉佐野市でピンと来ない人は、
    関西国際空港のある所って言えば解ってもらえるかな?

    何でわざわざそんな所まで
    行かなきゃいけなかったのかと言うと、
    今日はこの場所でちょうど月の真正面をISSが通過する現象
    『ISSの月面通過』
    が見られたからです。
    563_Image.jpg
    CalSKY(クリックで拡大)

    上図の☆マークが付いている所が今回の観察してきた場所です。
    その場所から関空方向を撮った写真がこちら

    561_IMG_4336.jpg

    ちょうど太陽の真下あたりが関空、
    左側から伸びている橋が「関空連絡橋」。
    夕日が沈むのを眺めながら機材をセッティングしていると
    たくさんの飛行機たちが関空へと降り立ってきました。

    562_IMG_4358.jpg

    そうこうしている間に日も沈み、
    ISSが通過する時刻が迫ってきた。
    今回のISS通過は広角と望遠の両方で狙ってみたかったので
    デジカメを2台、いつもの「EOS40D」と、
    もうずいぶん長い間使わなくなっていた「EOS KISS DIGITAL」を
    引っ張り出してきた。
    何年ぶりだろ?40Dで3年半、
    その前に20D使っててさらにその前に使ってたんだから
    ひょっとしたらもう7~8年前の機種?

    古くても撮影できれば問題なし。
    広角レンズを着けて関空と月とISSの
    スリーショットを狙ってみた。

    564_ISS月面通過(広角)
    「ISS月面通過」(クリックで拡大)
    5月8日 19時19分~撮影
    CANON EOS KISS DIGITAL
    ISO 100 0.8秒 F6.3
    TAMRON SP AF17-35㎜ F2.8-4 Di LD Aspherical[IF] 17mm
    比較明合成
    DPP:縮小

    辛うじて写ってるの解ります?
    ちゃんと月の前をISSが通過してますよね☆
    月付近をトリミングしてみると
    もう少し解りやすいかな?

    565_ISS月面通過(広角)2

    しかし、
    40Dと比べたらかなり画質が荒いですね、
    携帯電話で写メ撮ったみたいな画質w

    設定ミス等もあったけど、
    ISO100でこの画像の荒さだから
    感度も迂闊に上げられないし、
    画質を最高まで上げると
    バッファが足りなくなるだろうし。
    (連射撮影なのですぐバッファが一杯になる。
     現に後半コマ落ちしてる)
    EOS KISS DIGITALには
    ちょっとISS撮影は厳しかったかな・・・。
    次回使う時はもっと違う撮り方を試してみよう。


    さてさて、
    望遠で使った40Dの出来はいかに??

    ISS(国際宇宙ステーション) | 23:56:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
    次のページ

    FC2Ad

    まとめ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。