■プロフィール

ブランド

Author:ブランド
ようこそお越し下さいました。
管理人のブランドと申します☆
あなたも一緒に天の川の流れる速さを体験してみませんか?
星空に近づくお手伝いを
させていただきます♪

Twitter Button from twitbuttons.com

■↓





クリックで救える命がある。

イーココロ!クリック募金

■FC2カウンター

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■星空案内人リンク
■フリーエリア

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--
    相乗り衛星
    先日地球を飛び立った『H-ⅡAロケット』ですが、
    今回は相乗り衛星というかたちで
    あかつき君・イカロス君の他に
    4機の衛星が一緒に宇宙へと飛び立ちました☆


    『UNITEC-1』
    『WASEDA-SAT2』
    『大気水蒸気観測衛星(KSAT)』
    『Negai☆″』

    この4機のうち、
    UNITEC-1を除く3機は
    地球周回衛星として順調に航海を続けているわけですが、
    地球の周りを回っていると言う事は、、、

    ・・・そう、
    北米航空宇宙防衛司令部「NORAD」に監視されているって事です。


    と言う事で、
    ちょっとNORAD覗いてこの3機の周回軌道データ「TLEフォーマット」が
    出ているか調べてみました。

    なんでこんな事をするかと言いますと、
    以前のエントリーを見てくれた人は解ってくれていると思うけど、
    この周回軌道データ(TLEフォーマット)を使って
    StellarWindowに新たに人工衛星を表示させよう☆
    という魂胆です。

    で、NORADの「CelesTrak」の、
    「Last 30 Days’ Launches」って所を見ると

    『2010-020A(36573)』
    『2010-020B(36574)』
    『2010-020C(36575)』

    と言う名前で記載されていました。

    まぁ今はこんな名前だけど、
    しばらくしたらちゃんとした名前を付けてもらえるでしょう。


    ちなみに、
    StellarWindowでは「CelesTrak」の、
    「100 (or so) Brightest」って所のデータを使用して
    人工衛星を表示させているみたいです。



    しかし、、、困った!
    どの衛星がどの番号に対応しているのかわからない!!

    アマチュア無線をされている方のブログを見ると
    2010-020Aが「NEGAI☆”」
    2010-020Bが「WASEDA-SAT2」
    2010-020Cが「KSAT」
    って事になっているようだけど、
    等の「NEGAI☆”」のHP見ると
    2010-020CがNEGAI☆”になってたりしていて
    よくわかんない。

    NORADでちゃんと名前が付けられるまでは
    とりあえずアマチュア無線の方の名前の振り分けに従っとく事にしときます。


    では、肝心のTLEデータ(2010/05/26)見てみましょう。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    2010-020A
    1 36573U 10020A 10143.47353113 .00001568 -49584-5 00000+0 0 89
    2 36573 29.9836 226.6076 0009455 331.1601 29.7329 15.91943273 411
    2010-020B
    1 36574U 10020B 10141.65544734 .00036361 -45625-5 10000-3 0 63
    2 36574 29.9760 240.0237 0012338 274.3010 85.6629 15.91790699 116
    2010-020C
    1 36575U 10020C 10145.47749560 .00039266 -43909-5 10000-3 0 130
    2 36575 30.0409 211.7585 0013096 2.7803 357.7226 15.93307093 723
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    このデータがあれば、StellarWindowに
    人工衛星を表示させる事が出来るわけです。


    では早速、StellarWindowに新しくこの3機の衛星を
    表示させて見ましょう♪

    あ、言うまでも無く“自己責任”でお願いします。
    調子悪くなっても苦情は一切受け付けません!!(笑

    続きを読む >>
    スポンサーサイト
    StellarWindow | 21:01:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
    カスタマイズ
    これまでイロイロStellarWindowをいじりたおしてきて
    どんな事が出来るのかだいたい解ってきたつもりなので
    そろそろきっちりカスタマイズを決めちゃおうと思います。

    まずわたくしブランドがこのソフトを購入当初、
    どんな使い方を目指していたのかを整理しておきますと、

    星座早見盤代わりに使用する。
    双眼鏡に6軸センサーを取り付けて「デジタルファインダー」にする。
    星野写真を撮る時のシミュレーションに使う。

    上記の使い方をしたくてこのソフトを購入した訳ですが、
    全てを叶えるためには「あっちを立てればこっちが立たず」状態に
    なっちゃうのが悩みドコロだったんです。

    ところが、
    先日も書きましたがこのソフトの2種類の起動モードの
    「全く別モノの設定にする事が出来る」
    というポイントに気が付きまして、カスタマイズを1通りだけとせず、
    2通りに分けて設定しちゃおうと思います。

    ①番と③番を『タブレットモード』として設定。
    ②番を『デジタルファインダーモード』として設定。
    別々にカスタマイズして『理想』を高次元で実現してしまおうと
    言う訳です♪
    21_prog.jpg


    では、
    ①番+③番の『タブレットモード』のカスタマイズの目標は、
     ・手に持って動作させるので6軸センサーは手ブレが出ない程度に
      反応良くしたい
     ・星座線・恒星名も表示したい。
     ・惑星・星雲名も表示させたい。
     ・天の川も表示させたい。
     ・大きく拡大する必要は無いので高解像度写真の遅延ロードはさせる必要は無い。
     ・現実の夜空は光害の影響で見える星の数が少ないので、
      大きなギャップにならないように表示する星の数は少なめにする。

    次に、
    ②番『デジタルファインダーモード』のカスタマイズ
     ・主になる観測は望遠鏡・双眼鏡なので、6軸センサーの反応速度は
      それ程必要ではない。
      導入時の音声案内のタイミングに合うくらいの反応速度で充分。
     ・恒星の表示量は7等星くらいまであれば充分。
     ・星座線、恒星名を表示させたい。
     ・惑星・星雲も表示させたい。
     ・天の川は表示しなくてもいい。
     ・強拡大するので高解像度写真遅延ロードは行いたい。
     
    主にこんな所でしょうか?
    細かい設定は使いながら徐々に詰めていくとして、
    まずはこんな所からはじめて見ましょう♪

    では、具体的な設定値です。
    下の【続きを読む】をクリックしてください☆



    続きを読む >>
    StellarWindow | 22:00:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
    気付いた事イロイロ
    これまで設定をイロイロといじってみて気付いた事や不満な点を羅列していきます。


    【不満点】

    ・ツールバーの配置を使い易いように“上”から“右”に変更しても、
     再起動かけるとまた元の上位置に戻ってしまう。
     起動するたびに位置変更しなければいけないのがめんどくさい。

    ・天体を導入する際に流れる合成音声が聞き取りにくい。
     “下(した)”が“北(きた)”に聞こえる。

    ・拡大、縮小の変化量がつかみにくい。
     天球儀下に視野角として表示されるが、任意の視野角に設定しにくいので
     数値指定あるいはスライドバーで視野角の任意設定が出来るようにして欲しい。

    ・目が疲れないようにモニターの輝度を一番暗く設定すると
     天球儀の薄赤の視野角表示が見難くなる。

    ・全画面表示しているとPCのバッテリー残量の確認が出来ない。
     せめてタスクバーは表示できるようにしたい。

    ・天の川の明るさを調整できない。
     写真シミュレーションモードでの天の川はちょっと明るすぎるかも。

    ・検索画面の衛星選択項目を、どの惑星の衛星か解るようにして欲しい。


    【気付いた点と覚え書き】

    ・光害の影響を受けて夜空に3等級くらいまでの星しか見えない時は、
     実視モードにして『表示下限等級』を調節すると
     実際の夜空と画面表示の雰囲気が近くなる。
     実視モード - 表示下限等級
     20_表示下限等級

    ・実視モードでの表示下限等級は7等星まで。
     それ以下に数字を合わせる事は出来るけれど反映はされない。
     読込み下限等級の設定を変更しても表示に変化はない。
     
    ・写真シミュレーションモードで、恒星の数を変更する時は
     『表示恒星量』のパラメーターを変更する。
     しかし、このパラメーターでの変更量は、
     ユーザーガイドに書いてある通り写真撮影時の露出時間の違いを
     意識したものであり、一つ一つの恒星が“太る”ように見える。
     写真シミュレーションモード - 表示下限等級
     18_表示下限等級

    ・写真シミュレーションモードで読込み下限等級の設定は、
     強拡大した時に表示される星の数にのみ変化が現れる。
     広域表示の時に表示される星の数に変化は見られない。
     写真シミュレーションモード - 読込下限等級
     19_読込下限等級

    ・どちらのモードを選択しても、天の川の明るさを変更する事は出来ない。
     (実視モード時の明るさと写真シミュレーションモード時の天の川の明るさの2種類しか
      選択できない。)

    ・通常モードと軽量モードは全ての機能を別々に設定できる
     6軸センサーの方向設定(アライメント)も別々に設定できるので
     「通常」「軽量」の枠にこだわる必要は無く、
     例えばPC横のUSBにつないで「タブレットモード」と、
     延長ケーブル経由で双眼鏡、望遠鏡につないで
     「デジタルファインダーモード」という使い分け方が出来る。


    ○画面の連動方法
    『センサー連動』
      6軸センサーに連動して画面の表示が移り変わっていく状態。
      この時、
      観測者の位置と北の方向(磁北)が固定された「地平空間(地平座標)」であり、
      センサーの感知した方位・高度が画面表示に影響を与える。
      また、モニターを固定させても星の位置は日周運動の影響で変化する。

    『恒星連動』
      画面をクリックして任意の恒星が画面中央に固定されている状態。
      この時、
      観測者の位置と恒星の方向が固定された「恒星空間(赤道座標)」であり、
      センサーの感知した方位・高度、またモニターの動きは
      画面表示に影響を与えない。
      (月・惑星・人工衛星など恒星と独立した動きのあるものは
       画面上で移動する。ただし、時間経過を数十倍速に設定しないと
       確認は難しい)
      
    『視線連動』
      画面をクリックして任意の恒星を画面中央に固定した『恒星連動』の状態
      から、右クリックをして視線方向(画面中央方向)だけを固定した状態。
      この時、
      観測者の位置と視線方向が固定された「地平空間(地平座標)」であり、
      センサーの感知した方位・高度、またモニターの動きは
      画面表示に影響を与えない。
      また、モニター上の星の動きは日周運動の影響で変化する。

    上記の連動方法の違いをきちんと覚えておくと、
    例えば
    『月連動』にして時間経過を数十倍速に設定すると
    モニター上に月の満ち欠けの様子を再現できたり、
    『惑星連動』状態にして惑星の周りを衛星が回ってる様子を観察したり。
    『人工衛星連動』で人工衛星が星の間を飛んでいる様子を再現できたり
    これだけでも結構StellarWindowで遊ぶ事が出来る。



    StellarWindow | 23:00:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
    起動時間の測定
    さ~て、どんどんマニアックに話を進めてまいりましょう♪

    通常モードと軽量モードではパソコンにかかる負担が
    大きく違ってくるのですが、
    では、この2つのモードで『起動時間』はどう変わるのでしょうか?

    動作状況の違いを知る目安にしてもらえると思うので
    ちょっと計測してみました。

    また、パソコンのスペックによる起動時間の差も参考になるかなって
    思ったので、次の3台を使って調べてみました。


    KOHJINSHA SXシリーズ
    StellarWindowをメインで使用するタブレット(コンバーチブル)PCです。
    詳しくは以前のエントリーをご覧下さい。

    OS     :Windows XP Home Edition
    プロセッサ:Intel Atom processor Z520 ( 1.33GHz )、US15W
    メインメモリ:2GB
    HDD    :60GB
    モニター  :タッチパネル付8.9型 1,280 x 768ドット


    KOHJINSHA SA1F00H
    以前から天体観測のお供に使用している、
    こちらもタブレット(コンバーチブル)PCです。
    アストロアーツさんのStellarNavigatorを使って星空観察に使ったり、
    天体写真をオートガイド撮影する為のソフト「PHD Guidhing」というソフトを
    使用するために使っています。
    現在の使い方ではまだまだ現役ですが、
    StellarWindowをインストールするには全くスペックが足りてません(涙
    起動すら出来るのかどうか不安ですが、
    軽量モードでのみ参戦させようと思います。

    OS     :Windows XP Home Edition
    プロセッサ:AMD Geode LX800(500MHz)
           +AMD Geode CS5536コンパニオン・デバイス
    メインメモリ:1GB
    HDD    :40GB
    モニター  :7.0型 800×480ドット


    DELL Dimension9150
    現在メインで使用しているデスクトップPCです。
    このブログもこのPCを使って書いています。
    このPCを使い始めてもう5年程になりますが、
    画像処理等含め、まだまだ現役でがんばっております。

    OS     :Windows XP Home Edition
    プロセッサ:Pentium D 820(2.80GHz)、Intel 945P
    メインメモリ:3GB
    HDD    :300GB


    以上の3台を使って起動時間の測定を行っていきます。

    測定条件として、
    ・アイコンをクリックし、起動画面が表示された瞬間から、
     起動画面が消え、ツールバーが表示される瞬間までの時間を計測値とします。
    ・PCの電源を投入し、動作が安定してからの起動を1回目。
     ソフトを終了させ、直ちに起動させた時の起動を2回目とします。
    ・上記1回目・2回目をそれぞれ3回計測し、その平均値を起動時間とします。
    ・PCを再起動する際、【再起動】は使用せず、
     【電源を切る】を使いPCを終了させ、再び電源投入して起動させます。
    ・測定方法は、ストップウォッチを用いた手動計測とします。

    では早速計測していきましょう♪

    続きを読む >>
    StellarWindow | 22:02:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
    『通常モード』と『軽量モード』 ②
    じゃあ次は、
    どこの設定の違いでこれだけの差になっているのかまとめてみました。

    具体的に二つのモードのどこが違う?っていうのは、
    今日のエントリー一番下の【続きを読む】をクリックしたら
    インストール直後の状態の設定値のまとめが出てくるので
    自分でカスタマイズし過ぎてごっちゃごちゃになっちゃった人は
    以下のまとめをご覧になりながら
    カスタマイズの再構築にお役に立て下さい。

    なお、
    自分で行ったカスタマイズを全てインストール直後の状態にリセットするには、
    【設定】→【全般】→【全設定の初期化】
    でリセットできます。


    では本題へと戻りまして、、、

    実はこの二つの起動モードは、2つStellarWindowが存在しているのではなく
    1つのソフトウェアを違う設定を用いて起動しているだけなのです。

    だから『軽量モード』で起動しても設定を変えるだけで『通常モード』と
    同じ事が出来るし、
    設定を揃えてやると全く同じ状態のStellarWindowを
    二つ共存させることだって出来ます。
    『通常モード』を『軽量モード』よりも“軽量”にすることだって出来ちゃいます。
    そんな事誰もしないと思いますが(笑


    そもそも何で起動方法を2つも準備しなければいけないのかというと、
    このソフトが

     ・高画質の画像データを大量に扱っている。
     ・大量の恒星データ、惑星、人工衛星等を精密に描き出す為に
      高度な計算処理を行っている。
     ・上記二つの処理を複雑に融合させるための処理が必要である。
     ・6軸センサーの動きにも融合しなければいけない

    という点があって、
    この処理を行うためにはインストールするパソコンに高い処理能力を求める
    必要があるからです。

    もし必要とするスペックに達していないパソコンでこのソフトを使用すると、
    下手すると起動すら出来ないなんて事もありえるし、
    起動できても6軸センサーの動きに画像の描画、大量の恒星データの計算処理が追い着けなく
    「星の窓」と言うコンセプトを実現できない可能性があるため、
    処理能力の低いパソコンでも「星の窓」を実現出来るように『軽量モード』が準備されたものと思われます。
    (軽量モードでも、ある程度の処理能力は要求されますが・・・)


    そういう訳で
    『通常モード』は、高精細高画質、よりリアルに美しくなるように設定されていて、
    『軽量モード』は、表示する情報を制限する代わりに処理能力の低いパソコンでも快適に使えるように
    設定をカスタマイズされたモードであると言えます。



    具体的に設定内容を見比べてみますと、
     ・天体画像を使用するのか。
     ・どれくらいまでの暗い星まで再現するのか。
    が、カスタマイズの肝になっているように思われます。

    高画質な天体画像を大量に使うとパソコンの処理に負担がかかることは容易に推測できますよね。
    軽量モードでは天体画像を使わない方向でカスタマイズされているようです。


    どれくらいまでの暗さの星を再現するのかについての設定で注意する必要があるのは、
    表示させる方向、倍率(視野角)の違いによっても
    画面動作速度に差が出てくる事があると言う事です。

    春の星座方向ではサクサク動作してくれるのに、
    夏の星座方向では表示動作が遅くなる事があるのです。

    これはなぜかと言うと、
    夏の星座は天の川銀河の中心方向にあるため表示される星の数が多くなり、
    逆に春の星座は天の川銀河の星の少ない領域方向にあるため描画する必要のある星の数が少なく
    計算処理が少なくて済むからです。
    16_natsu-no-seiza.jpg

    17_haru-no-seiza.jpg
    上が夏の星座さそり座方向/下が春の星座おとめ座方向
    どちらも『通常モード』での画像です。

    同じような理由で、
    表示倍率を上げると狭い範囲しか画面に表示されなくなり、星の描画数も減るため処理速度は上がるが、
    広い範囲を表示すると星の描画数が増えるため、処理速度が落ちると言うことがあります。

    つまり、描画させる星の数が増えるほど動作が遅くなる事が起こります。

    この理由による動作不良を避けるため、
    軽量モードでは描画させる星の下限等級を通常モードより上げることで
    回避させているようです。



    続きを読む >>
    StellarWindow | 13:52:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
    次のページ

    FC2Ad

    まとめ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。