■プロフィール

ブランド

Author:ブランド
ようこそお越し下さいました。
管理人のブランドと申します☆
あなたも一緒に天の川の流れる速さを体験してみませんか?
星空に近づくお手伝いを
させていただきます♪

Twitter Button from twitbuttons.com

■↓





クリックで救える命がある。

イーココロ!クリック募金

■FC2カウンター

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■星空案内人リンク
■フリーエリア

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--
    加茂社と天文
    梅雨の中休みなのか、
    雨はこの2~3日降ってませんが
    相変わらずスッキリしない曇り空で
    昼も夜も星が見えずストレスが溜まってしまいそうです。

    こんな星の見えない休みの日には
    本を読んだり講演会に出かけて
    新しい天文の知識を仕入れてみてはどうでしょうか。


    今日は、
    『NPO法人花山星空ネットワーク』さんが主催する
    天文講演会に行ってきました。
    内容は
    ・「加茂社と天文」(久保田諄 大阪経済大学名誉教授)
    ・「彗星探査の最前線:ハレー彗星からハートレイ第2彗星まで」(河北秀世 大阪産業大学教授)
    と言う2つのお話です。

    どちらも大変興味深い、面白い講義をしていただいたのですが
    その中から「加茂社と天文」と言うお話を
    メモを見ながら少しだけ紹介させていただきます。


    講師をされた久保田諄教授は大阪経済大学名誉教授という
    大変立派な肩書きをお持ちの方なんですが
    実はこの方、京都市北区にある
    上賀茂神社
    の社家を代々受け継がれている
    神主の家系(梅辻家)でもあるのです!

    上賀茂神社と言えば国内でも「上七社」と呼ばれる
    伊勢神宮・石清水八幡宮・加茂・松尾大社・平野神社・伏見稲荷大社・春日大社
    のひとつ。
    その千数百年以上の長い歴史を持つ神社の神主様の話を直接聞けるんだから
    とっても貴重で面白い!!

    まずは賀茂神社の成り立ちから
    現在に至るまでの歴史を振り返ります。


    4世紀頃に古代氏族のひとつである加茂族
    現在の北区上賀茂あたりに定住していたとされています。
    古代はその加茂族の氏神を祀っていた神山(こうざん)の頂上すぐ下にあった石磐(いわくら)で
    祭祀を行っていたのですが、
    奈良時代になると現在の場所に拝殿(加茂社)が造営されました。

    大和政権が京都(平安京)へ遷都して以来、
    都の氏神を祀る「加茂社」は、
    また皇祖神を祀る神社として伊勢神宮に次ぐ社格となり
    「上七社」の筆頭として皇室の祈願の場所として
    地方神から「国家神」として祀られる様になります。

    皇室や貴族から「荘園」を寄進され
    栄華を誇った加茂社なのですが、
    安土桃山時代に入り豊臣秀吉によって行われた
    「太閤検地」(1582年頃)によって全ての荘園が没収、
    さらに明治維新の国家神道化による廃仏毀釈により神社まで没収!!
    貧窮を極める事となります。

    戦後になって無事現在の状態にまで回復するのですが
    さて、
    この「加茂社」「天文」がどうして結びつくのでしょうか?


    明治維新以前には、
    天皇の大切な仕事にひとつに
    「天に祈りを捧げる」
    と言うものがありました。
    その祈りを捧げる場所が「神社」であったわけですが、
    祈りの内容は大きく分けると二つ
    ・国民を安心させるための祈り
    ・天からのメッセージを受け取るための祈り

    と分けることが出来ます。

    国民を安心させるための祈りとは、
    降雨(雨乞い)や止雨、八百万の神に感謝を捧げるための祈り等ですが、
    天からのメッセージを受け取ると言うのが正に
    天体観測を行い天文現象を天からのメッセージとして受け取ると言う事なのです。

    ここで言う天文現象とは主に
    日食、月食、二星合・三星合(惑星同士の接近)、
    客星(新星・超新星)、大きい流星、彗星、オーロラ等
    の事になりますが、
    (これらを当時は「天変地異」と見ていた)
    宮中に陰陽寮(おんにょうりょう)と呼ばれる天文博士を集めた部署を置き、
    自然現象の異常に日夜注意を払い続け、記録し続けていました。

    天変地異を発見するとその当時あった古い記録文書照らし合わせ
    過去にも同じ現象がなかったかを照合し、
    それが凶事の前兆であるならば陰陽頭(おんにょうがしら)が上司へ報告(天文蜜奏
    上司らは協議して「軒廊の御占」(こんろうのおうら)と呼ばれる占いをし、
    その占いの結果が凶と出た場合には「上七社」と「大寺院」に連絡し、
    悪霊退散の祈願をするよう命令を下していたという事らしいです。

    これら天体観測された記録は
    加茂社から徳川幕府に提出されたレポート
    「加茂注進雑記」に事細かに書かれており、
    その内容は現在の天文学によって整合が確認されているという事です。


    現在上賀茂神社に収蔵されている古文書は3万点以上と全国最大!
    6年前にやっと整理が出来たのですが、
    天文の歴史を知るための宝の山が未だに手付かずのままになっている現状です!!
    はやく内容の解読して公表してほしいものですね。



    ちなみに
    「陰陽」は“おんみょう”では無く“おんにょう”という読みが正しいそうです。

    また、
    当時の人達にとって日食・月食はそれほど恐ろしい現象だったわけではなく
    むしろ時刻(太陰暦)の正確さを確認するための手段となっていたそうです。

    同じく彗星の出現も
    恐れていたのは宮中の人達だけで
    一般庶民にとってはその姿が稲が穂を垂れる姿に似ている事から
    「穂垂れ星」と呼ばれて吉兆の知らせとして喜ばれていたそうです。

    また、
    古文書から京都でオーロラが観測された記録も見付かっているそうです。
    (オーロラが旗を立てた大群がやってきたように見えたらしいです)
    相当大きな太陽フレアが発生したものと思われますが、
    今の時代にこれほど大きな太陽フレアが発生したら
    電気機器の故障や大停電が発生してパニックになるでしょうね。


    面白いお話が聞けてとても楽しかったです。
    星の見えない休日には
    ぜひ皆さんもお近くで開催される講演会に
    足を運んでみてくださいね。



    スポンサーサイト
    その他 | 23:53:08 | トラックバック(0) | コメント(1)
    6月の星空案内
    梅雨入りしてから
    ずっと天気の悪い日が続いていて
    なかなか星見が出来ない状態が続いてるんですが、
    6月2日早朝 北陸・東北・北海道で「部分日食」が見られました。
    この記事を書いてるのが6月3日の夜なので、
    もうすでに動画がUPされていました
    (5分30秒あたりから映像がハッキリしてきます)


    Live Broadcasting by Ustream
    全体の約8%ほどしか欠けなかったという事ですが、
    それだけでも部分日食の醍醐味は伝わってきますよね。

    6月8日古川聡宇宙飛行士の乗船するロシアの「ソユーズ宇宙船」
    ISSに向けて打ち上げられます。

    6月13日は、小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルが地球に帰還してから
    ちょうど1年目になります。
    1年前の今頃はこんなに日本の宇宙探査機がブームになるとは
    夢にも思っていませんでした。
    それだけ「はやぶさ」の活躍が人々の心を感動させたのだろうと
    うれしく思います。
    720_115016426.jpg

    6月16日の早朝に全国で「皆既月食」が見られます。
    皆既月食の全工程(欠け始めから食の終り)は見れなくて、
    大阪では月全体が欠けた状態になった時(4時22分)の高度が
    わずか4度。
    おそらく月が欠けながら地平線近くの雲の向こうへと
    見えなくなってしまうんじゃないかなと予想します。

    実は、
    今年の12月10日にも皆既月食が全国で見られます。
    この日は土曜の夜、月食の全工程が見られる予想となっています。

    そのほかの天文現象としては、
    6月の10日前後「土星」がおとめ座の3等星「ポリマ」と接近します。
    その離角がわずかに15分、月の視直径(32分)の半分くらいの距離にまで接近します。
    北斗七星にある有名な二重星ミザールとアルコルの離角が12分なのでわずかに遠いくらい。
    視力がちょっと弱い人だと二つに分かれて見えないかもしれませんね。
    「ポリマ」自体も2つの3.5等星が寄り添う二重星です。
    離角が1.7秒なので、口径80ミリ以上の望遠鏡で何とか分離して見えるでしょう。


    梅雨空でうっとおしい日がまだまだ続きそうですが
    ほんのわずかな晴れ間を狙って
    星空を楽しみましょう。

    星空観察 | 22:47:26 | トラックバック(1) | コメント(0)
    ISS・エンデバーの通過
    今回のミッションでラストフライトを迎えることになった
    NASAのスペースシャトル『エンデバー号』。

    5月16日に打ち上げられてから
    何とかその姿を見てみたいとずっと思っていたんだけれど
    残念な事にずっと雨が続いていました。

    先日30日にはISS(国際宇宙ステーション)と分離、
    6月1日には地球に帰還してしまうという事で
    たぶん今日が最後のチャンスになるかもしれないと思い
    天気予報は怪しい予報でしたが
    観察に挑戦してみることにしました。


    眠い目をこすりながら起きてみると
    なんと快晴!
    チラホラとは雲が見えたけど
    肝心の北天にはまったく雲が見えません。
    カメラ・三脚を抱えて
    いつもの武庫川河川敷公園に向かいました。

    前日に
    ここ→「国際宇宙ステーションを見よう」
    ここ→「ToriSat」
    ステラナビゲータ9を使ってどの方向に飛ぶのかをシミュレーションしていたので
    おおよその飛行経路の予想はバッチリ☆
    ただ、
    予想と違っていたのはエンデバー号の通過時間。
    ISSが通過する数十秒から数分前に出現するものだと思いこんでいました。

    だから、
    予想時刻2時56分に人工衛星らしき光の通過が見え出した時は
    てっきりISSが見えていてエンデバーは見逃したと思ったけど
    実際はそうじゃなかった。
    今見えていたのが「エンデバー号」で、
    ホンの数秒遅れで「ISS」の大きな光が見え始めた。


    「ISS・エンデバー号の通過」
    画面左側から右側へ、
    エンデバー号が先行し続いてISSが上空を通過していきます。

    ISSの通過はこれまでもう何度もみてきたけれど、
    二つの明るい光が並んで飛んで行く姿は
    本当に感動的でした。

    エンデバー号、
    最後に大きな感動をありがとう、
    お疲れ様でした。
    無事に地球に帰ってきてくださいね。。。



    動画を見てもらっても解るとおり
    通過が見られる直前から雲が湧きだして、
    あと数分遅れていればISS・エンデバーは見れなかったかもしれませんでした。
    運が良かったかも♪


    ところで、
    エンデバー号の帰還の模様は
    宇宙教育テレビやニコニコ生放送で中継するんでしょうか?
    NASA-TVでは6月1日午後3時35分過ぎ(日本時間)
    から放送するみたいですが、、、
    その時間は残念ながらお仕事中ですorz...

    時間のある方はコチラ
    NASA-TV
    で中継されるようなので
    ぜひその最後の勇姿をご覧になってください☆

    ISS(国際宇宙ステーション) | 04:39:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
    第1回 天体観望会解説者養成講座
    先日の5月29日、
    京都市東山区にある
    『京都大学大学院理学研究科附属天文台(花山天文台)』にて行われた
    「天体観望会解説者養成講座」に参加してきました。
    717_kazan.jpg

    この講座は
    京都大学大学院理学研究科附属天文台
    NPO法人花山星空ネットワークさんによって運営され、
    「天体観測の経験が無い方にもわかるように、
     天文観測の初歩から講義して、
     望遠鏡や観測装置の原理や仕組み・組み立て・操作方法などの
     実習を行なう講座を開催し、
     天体観望会スタッフとして解説者を養成する」

    と言う旨で開催されています。

    一言で言えば「はりま宇宙講座」みたいなものですw
    でも、
    こちらの講座を受講したからといって
    「星のソムリエ」みたいな資格や大学の単位が授与されるという事はありません。

    講座は全部で5回。
    第1回 「太陽の観測」
    第2回 「土星と太陽の観測」
    第3回 「月の観測」
    第4回 「木星の観測」
    第5回 「太陽と昼間の金星の観測」

    1回あたりの講座が約8時間、
    全ての講座で望遠鏡を用いた実習が行われるという
    かなりハードな内容となっています。
    もちろん星座の話や歴史、文化、天文学的な話など
    はりま宇宙講座で受講した内容はほとんど網羅されています。

    受講生は全部で13名とかなりの少人数!
    年配の方が多く、この中ではボクが最年少でした。
    大学付属の天文台なので学生が多いのかなと思ってたので
    ちょっと意外でした。
    少人数制のため講師がすぐそばにいてくれるため
    疑問点もすぐ質問できかなりイイ雰囲気で講義が進んでいきました。
    そのかわり講義中に指名されまくりw


    先日行われたのはその第1回
    「太陽の観測」です。
    が、
    残念ながらこの日の天気は雨。
    それもただの雨ではなく台風が直撃するという最悪な天気orz...

    午前中は天文台の中にある
    それ程広くは無い一室にて天文の基礎について
    京都大学名誉教授の黒河教授によって行われました。
    星座について・星の位置の表し方・望遠鏡の種類など
    はりま宇宙講座3回分くらいの内容をたった2時間ほどで、
    しかも参加者に中学生とかがいないので遠慮無しの超濃密!
    午前中の講義だけで頭がクラクラしてきましたw

    そして午後からは
    望遠鏡の取り扱いについての実習。
    箱から三脚を取り出すところから始まって
    赤道儀の設置、望遠鏡の取り付け、
    太陽観測のための投影板取り付けまでを実習。
    天気が良ければ実際に太陽を投影して
    スケッチまで行う予定だったけど
    室内での実習のため断念。
    しかし、、、
    実習で使用された赤道儀が全てコンピューター制御の最新式!
    (ビクセンのGP2とSXD)
    微動ハンドル付いてないし、
    こういった講義にコンピューター制御は
    向いてなかったんじゃないでしょうかw

    続いて、、、
    日本国内では太陽スケッチの第一人者!
    三重大学非常勤講師、東亜天文学会太陽課長の鈴木教授による
    太陽の観察についての講義です。

    今まで全然知らなかったんだけど、
    「黒点」の数え方ってちゃんとした決まりがあったんですね。
    「黒点数」と「黒点群の数」は別々に数えてその数を数式に代入し、
    個人個人で決まってる定数をかけた物が「黒点数」となるそうな。
    なんて事言われても良く解らないですよねw
    式に表すと、
    R=K(10g+f)
    R:黒点数
    g:黒点群数
    f:計測された黒点数
    k:個人の経験値・望遠鏡の性能などによって決められた補正係数

    なんだそうな。
    詳しくはこちらを参考にしてください。
    太陽スケッチ観測の方法

    そしてこれだけに留まらず
    黒点位置の表し方、
    つまり太陽の日面経緯度を表して黒点の緯度経度を数値で表すというのを
    理科年表片手に導き出す実習。
    P・B0・L0・チューリッヒ分類図etc・・・
    (書いててまた頭がクラクラしてきたんだけど)


    と、
    まぁこんな事を受講してきました。
    ついて行くのがやっとって感じ。
    でも、
    その道のプロフェッショナルから直接講義を受ける事が出来て
    とっても楽しく充実した一日でした☆

    次回は7月の予定です。
    晴れてくれたらイイな♪

    星のソムリエ | 22:55:58 | トラックバック(1) | コメント(4)
    乾燥剤の再生
    前回乾燥剤を交換した記事書いたんですが、
    その時に交換した乾燥剤が結構な量になっちゃって
    使用済みがこんなに溜まっちゃいました

    712_IMG_6788.jpg

    機材をたくさん持っている人は
    もっとたくさん交換しなきゃいけないから
    もっとたくさんの使用済みが出てきちゃうはずです。

    これがもし使い捨ての乾燥剤だったら
    500g=1,500円もするので
    高くついちゃうところなんですが、
    このビーズ状のシリカゲルは
    乾燥させる事によって何回でも繰り返し使う事が出来るのです!


    再生(乾燥)させる方法はいたって簡単。
    フライパンを使って炒り上げるだけ!!

    フライパンに使用済みの乾燥剤を適量入れて

    713_IMG_6797.jpg

    2~3分弱火にかけます。
    油も塩コショウもいりませんw
    すると

    714_IMG_6796.jpg
    水分が抜けて
    購入時のように綺麗な青色に戻りました!

    箱いっぱいにあった使用済みの乾燥剤も
    15分ほどで全部再生させる事が出来ました♪

    715_IMG_6800.jpg

    ちょっと高い乾燥剤ですが
    何回も繰り返し使用する事ができるので
    とっても経済的♪
    一度購入すると
    ずーっと使えます☆


    ただし、注意する点が何点かあります。

    火を使うのでやけどに注意するのは当然の事として、
    画像を見てもらうと解るように
    炒り上げた後でも色が透明なままで
    変化しないものがあります。
    色が変わらないからついつい
    いつまでも火を通し続けてしまいがちですが、
    あまり熱し続けるとパチンとはじけて飛散します。
    体に当たると怪我をしますので
    あまり長時間熱を加え続けないでください。
    色は変わらなくても弱火で2~3分炒り上げるだけで
    ちゃんと機能は回復します。

    それから、
    再生可能なのは
    ビーズ状のシリカゲル(二酸化ケイ素)だけです。
    お菓子に入っている乾燥剤の多くは
    粒状の生石灰が使われている事が多いのですが

    716_IMG_6808.jpg

    この生石灰を使っている乾燥剤は再生する事が出来ません。
    使い捨てです。
    (粒上の生石灰が水分を吸収して粉末状の消石灰になり機能を失います)
    ただ、
    乾燥剤としてはもう使い物にはなりませんが
    消石灰は土質改良剤(肥料)として使えるので
    庭に撒いたり植木鉢の土と混ぜたりして有効に活用しましょう!

    また、
    タンクに水が溜まるタイプの乾燥剤(塩化カルシウム)も
    一般では再生できません。


    乾燥剤の種類をきちんと使い分けて
    機材の保管に役立てましょう!!


    シリカゲル青 500g
    シリカゲル青 500g
    posted with amazlet at 11.05.27
    トーヤク
    売り上げランキング: 47006




    機材 | 00:17:14 | トラックバック(0) | コメント(2)
    次のページ

    FC2Ad

    まとめ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。